画像をクリックすると拡大

【トップ記事検索】
蕎麦粉は 

信州 安曇野産

石臼挽き

無農薬栽培

スープは

天然だしのみの使用。

安心して 

お召し上がりください。

2017年 定休日

毎週 月曜日、火曜日、

第1 日曜日、第3 日曜日、

第5 日曜日は、

さくらや お休みとなります。

イベントなどで お休み
することも あります。

安曇野産の新蕎麦 
香りも 強く 
味も 濃く
麺に こしもあり
新蕎麦 でないと
味わえない 美味しさです。


チェンソーアート長崎スタートさせました、月に3回講習会を開いております、興味ある方は お尋ね下さい。 

工事中でしたが OK となりました、何なりと お尋ねください。

営業時間
オーブン…AM 11:00
クローズ…PM 3:00
■オーダーストップ
PM 2:30
となっております。

だしは 天然だし 利尻昆布 枕崎産のカツオ  さば ムロアジ うるめ サバ節 時間をかけて とっただし です、そばは もちろん 信州産 無農薬 栽培のそば粉を使用しております。


リンク用バナー

細麦さくらやのおすすめ情報
エアーブラシにて 色を のせて見ました やはり 色作りが大変です
ラッカーですので すぐに 重ね塗りができて 良いのですが
同じ色を作るとなると 出来ない?赤、きい、黒、で茶色が出来ますが
難しい、繰り返し 色作りで 練習しないと                   水性とりおに替えるといいのですが


8月 1ヵ月間のチェンソーアートの展示会では 
今60点ほどの皆さんの作品が そろってますが 色を どうするか
迷っています。エアーブラシのプロの方に指導してもらいながら
まだまだ がんばらないといけません。 

展示用の アート ほぼ完成ですが 何か 気に入らず もう1度
削りなおし お色なおしを と思って います まだ 日にちは
あるので 何とか なると 思いますが 展示は
6月4日から 7日までとなってます、時間がある方は見に
行かれて 下さい。
5月は 仲間が 巨大彫刻に
トライ するとか 時間が合えば 私もと 思っていますが 
どうなることか?

富山県は 井波地方の獅子頭になります、井波の方は 獅子頭だけの 
彫刻の方もおられます、尋ねて行き確りと 勉強させてもらいました、
今度は サクラ アートオリジナルの獅子頭 切り込みます、
作る方も 楽しんで 削れます、

自分のレベルは 自分では なかなか 分からない ものです
やはり 人の 評価が 1番だと 思います
この作品も 今度の大会に出そうと製作中です。
色んな 大会が 有りますが 県展とかは 確りとした
決まりが あり どんなに 良いものを 作ても バランスが
悪かったり 中心が はっきりしない作品は すべて はねられます
これは 当たり前のことですが。 
チェンソーアートは これらの決まりを
無視した アートが 当たり前の 自由なアートでした
もう 昔の削り方をしていても 人に感動を与える事も出来ないようです
日本大会でも作品が出来て その後 1時間仕上げをする時間が 
与えられます ノミを使い エアーブラシを使い色を付けたり、バーナーで
インパクトを付けたりします、自由に作品を より良くしていきます。
もうチェンソーだけの 時代は終わりました、
道具も進化し 試料も数多くで回わりチェンソーアーチストにとって
良い時代になつて来ました 簡単に 良い作品が出来ると いうことす。
勉強努力トップ クラスの方との繋がりも大事です。
今年は 鹿児島県にて チェンソーアートの 日本大会が11月7、8日
開催されます 日本のトップクラスの方の パホーマンスが見れますよ。 

  

一気に 上手くなりました 家にて 練習してるのかな イーグルの
表情が 鋭く カッコよくなり 私も ビックリ 2人とも バランス良く
流れるような デザイン 同じ事を くる返し 言って来ましたが
身に 付いたようです 良かった、一生懸命やると 面白くなります
上手にもなります、頑張れ、頑張れ、 基礎が分かれば すべてが 
分かって来ます もう少しです。
仲間で 進化していきましょう。

運が 良いのか悪いのか 置いてあった 桶の底を 破り 伸びて来た
竹の子 かなり 大きく なりました 竹の色が かなり 綺麗。

今年も 出ました アウトの竹の子 コンクリート持ち上げて
出てきて 持ち上げて伸びてます、外のテーブル真下から出てきて
さすがに これは アウト でした、石の下からも 何とか 出て来て
ますので そのままに しておりますが。

なんと 渋すぎる 車です 本らい車とは こうないと 未だに動く
不思議すぎます、今の車も コンピュター無しで動けば 長持ちするのに
私の車も古いから まだ 動いてる と 言っても いいかも
又来月は 静岡県まで 行く予定が はいっています、25年目の車ですが
エンジン 足回り 確りと しています、走行距離も50万k越えるかも。
北海道から 石垣島まで 走りまわった わが車 まだまだ乗れます、
人間が作た車は やはり 良い車。 

パラグライダー 人間が 空を飛ぶ 夢のような 事でしたが
私も空を飛び出して 早20年以上になります、スタートした
エリアーにも恵まれ 5ヵ月間で パイロット賞 獲得し 
全国のエリアーで飛びはじめる事が出来ました。
練習していた エリアーが ひょこから エキスパートまで
カバーできる ビックな エリアーでした、
1ヶ月間で28日間 練習し飛んだ事もありました

日本のエリアーを 北海道から石垣島までいろんな 条件で飛びまわり
わがエリアーの素晴らしさを 実感しました、俵を制するもの世界を飛ぶ。

始めて飛んだ 海外 マウイ島 カレハレヤ山 3050m
この島は ウインドサーフインで 空を飛ぶ前に 良く行った島
マスト オーバーの波に乗りハイな世界を満喫してましたが
体力の限界を感じ 空え起動修正 何時かは カレハレヤから
飛んで やる と思い 海外 フライト初は まずはマウイからと
言う事でのフライトになりました、

カナダ ウイスラ ブラッコム、ロッキー山脈、360度ホワイトキャップ
     福岡のトップ アウトのKさんと 車で走りまわり 飛び
     回りました この時はリッチランドにて XCで かなり飛びましたが
     キョリが分からず(GPSトラブルで)フライトしながら無線で
     誘導しながらKさんが車で追いかけてくれました、
     昔の事ですが ありがとう ございました。

ニュジーランド ワナカ、オープン参加 車にてフライトしながら 
    国土を一周する。自然豊かな国で 心が癒されるかんじの国
    私の寝袋はまだ フライト パークにおいたままになってますが

オーストラリア ブライトオープン参加 8日間の大会で1番短いタスが  45Kmでした、もちろんゴールしました、この時はワールドカツプチャンピヨン カリーと同じサーマルで上げタスクえ向かう、でかいサーマルに当り プラ14で上昇、日本ではありえないサーマル、

同じく オーストラリア マニラにて XC 西側え流し 190km 飛ぶ事が出来ました フライト時間 6時間30分 時間が掛かりすぎ サーマルが弱くなり降りてしまう、この時は元アドバンスの長島さんが サポートで 車で追いかけてくれました。昔の事ですが ありがとう ございました。

スイス 絵にかいたような 山々ですが 色んな エリアー
    11ヵ所で フライトしましたが どのテイクオフも標高が高く
    2000mは当たり前のような感じのTO 1番高い テイクオフは

    たしか 2700mだったと 覚えてますが、やはり2000m越える

    テイクオフはそれなりのテイクオフのしかたが あります、
    なれると 簡単ですが、3000mの空の上を飛んでましたが
    山の高さが 3000m以上有りまだまだ と思ってのフライトでした
    世界のトップ フライヤーと友に飛んで 楽しいフライトでした
    スイスでの XCは56km飛ばしてもらいました、山越えの時に
    失敗し 降りてしまうと 1〜2日山から 出れないと聞いており
    無理なく 飛んでの 結果です。
  
    
    やはり 1番 感動した フライトは  ロッキー山脈です
      3500m上空をフライトしながら 見えた風景は  
 世界に こんなにも 綺麗で 感動する所があるのかと思ったほどです 
    

      私も 歳を取りました まだまだ 飛んでます これからも。

          人生人間として沢山楽しんだ人が勝ち           

     負け組みには なりたくないから まだまだ頑張らないと。

               空 飛ぶさくらやです。

天気が良ければ いいのですが、大分玖珠にて 毎年参加してる
大会も今年で24回目になると 思いますが 良くも こんなに
長く つずいてると 驚きですが 皆さん 毎年力を入れて
協力しあって 頑張られてるからでしょう、24回ともなると
私もですが かなり 高齢化になり よぼよぼしそうな人が
増えて来ました、もう昔みたいに 若い人でにぎわう
事もないのでしょう。継続は 力 なり 
素晴らしい 仲間 たちです。

Sasamemugi-Sakuraya All Right Reserved since 2010
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205]
TOPページ記事数[2045件] 1ページに10件ずつ表示