画像をクリックすると拡大

【トップ記事検索】
1年アット言うまです
人生は短いと思いつつ
今年も年越し蕎麦の
季節になりました

年越し蕎麦
予約販売 開始いたしました
12月31日に蕎麦を打ち
その日のうちに食べてもらう
 今年も頑張って
美味しい蕎麦
打たせてもらいます、

新蕎麦 打ち始めました

信州 安曇野産

無農薬 石臼引き

新蕎麦は 今だけ

美味しいものは

美味しいです。

チェンソーアート
体験 受付中です、

基本さえ マスターすれば
アート体験が
出来ます、
1作品 完成させて
持ち帰れます

全日本チェンソーアート大会
優勝 2連勝 嶋田が
指導いたします。

お尋ねは さくらやまで。

蕎麦粉は 

信州 安曇野産

石臼挽き

無農薬栽培

スープは

天然だしのみの使用。

安心して 

お召し上がりください。

2017年 定休日

毎週 月曜日、火曜日、

第1 日曜日、第3 日曜日、

第5 日曜日は、

さくらや お休みとなります。

イベントなどで お休み
することも あります。

安曇野産の新蕎麦 
香りも 強く 
味も 濃く
麺に こしもあり
新蕎麦 でないと
味わえない 美味しさです。


チェンソーアート長崎スタートさせました、月に3回講習会を開いております、興味ある方は お尋ね下さい。 

工事中でしたが OK となりました、何なりと お尋ねください。

営業時間
オーブン…AM 11:00
クローズ…PM 3:00
■オーダーストップ
PM 2:30
となっております。

だしは 天然だし 利尻昆布 枕崎産のカツオ  さば ムロアジ うるめ サバ節 時間をかけて とっただし です、そばは もちろん 信州産 無農薬 栽培のそば粉を使用しております。


リンク用バナー

細麦さくらやのおすすめ情報
今年度の 安曇野産 そば粉は 残り 少なく なりました

あと 1ヶ月ほどで そば粉が 終了いたします

11月の新そばが 出回るまでは 販売が 出来なくなります

細麦 さくらや もどうするか今 考え中です。

さすがに 県知事賞 金メダルも ずっしりと 重たく 豪華な
金メダル です。

作品には 5個の 落ちを切り込みましたが 
知事は 見抜いていたのでしょうか???
おちを 見抜いて 選んで もらえたのでしたら とても ハッピーですが。

作品は10月まで 預かりとなりました 日本大会が 終わるまで 
作品は 帰ってこない 事になりました、
さるの干支は 終わってしまいそうですが 早来年の干支切り込み
スタートさせました。まだまだ 勉強、努力、観察力、最後に落ちがいります。

今年 2月切り込みをしました 干支の お猿さん 落ちだらけの 
おさるさん ですが ちゃんと 見てもらった ようです、
まだ 完成は してなかったのですが 展示会え。

26日 日曜日 AM 8時から PM 5時まで 予定しております。

今回は 有明海を 見下ろせる 高台にて の 練習会になります

自然の 贅沢な環境の中でアート 切り込み 頑張りましょう、

今回も 12名での 練習会になります、 

長崎水辺の森公園に
あります 
長崎県 美術館にて

展示される

お猿さんさんです
良く見て
良く聞いて
意見を言っての

お猿さんです。

やまぼうし の 花です、あまり 日もちが しないのが 欠点かな、

スイセンが きれいな 季節に なりました、

今年 16回目の 大会になります。
今年は 少し ルールがかわりましたが、
私にとっては ラッキーと 言う 方にかわりました

メインでは ライン入れ 禁止になりました
最近は ほとんど ラインは 入れずに 切り込み
してるので ラインは 入れないで も OK です。

クイック では 地元の 中学生のデッサンを 元に
切り込みし 作品作りになりました、
まず 問題ないでしよう デッサン道理の 切り込みは
順番を決めて 自分の アイデアを入れ込み ・・・です。

皆さんと 又会えるのが楽しみです。 

5月で安曇野産 そば粉は 終了しますとアップしましたが

なんとか 6月までは 安曇野産そば粉 キープ出来そうです。

その後は 新そばが出回るまでは 信州 安曇野産そば粉は

品切れとなります、農産物なので 仕方ないと

言えば仕方ないのですが。

11月に新そばが 出ますが それまで どうするかが

問題ですが。

Sasamemugi-Sakuraya All Right Reserved since 2010
TOPページ記事数[2342件] 1ページに10件ずつ表示
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235]