画像をクリックすると拡大

【トップ記事検索】
1年アット言うまです
人生は短いと思いつつ
今年も年越し蕎麦の
季節になりました

年越し蕎麦
予約販売 開始いたしました
12月31日に蕎麦を打ち
その日のうちに食べてもらう
 今年も頑張って
美味しい蕎麦
打たせてもらいます、

新蕎麦 打ち始めました

信州 安曇野産

無農薬 石臼引き

新蕎麦は 今だけ

美味しいものは

美味しいです。

チェンソーアート
体験 受付中です、

基本さえ マスターすれば
アート体験が
出来ます、
1作品 完成させて
持ち帰れます

全日本チェンソーアート大会
優勝 2連勝 嶋田が
指導いたします。

お尋ねは さくらやまで。

蕎麦粉は 

信州 安曇野産

石臼挽き

無農薬栽培

スープは

天然だしのみの使用。

安心して 

お召し上がりください。

2017年 定休日

毎週 月曜日、火曜日、

第1 日曜日、第3 日曜日、

第5 日曜日は、

さくらや お休みとなります。

イベントなどで お休み
することも あります。

安曇野産の新蕎麦 
香りも 強く 
味も 濃く
麺に こしもあり
新蕎麦 でないと
味わえない 美味しさです。


チェンソーアート長崎スタートさせました、月に3回講習会を開いております、興味ある方は お尋ね下さい。 

工事中でしたが OK となりました、何なりと お尋ねください。

営業時間
オーブン…AM 11:00
クローズ…PM 3:00
■オーダーストップ
PM 2:30
となっております。

だしは 天然だし 利尻昆布 枕崎産のカツオ  さば ムロアジ うるめ サバ節 時間をかけて とっただし です、そばは もちろん 信州産 無農薬 栽培のそば粉を使用しております。


リンク用バナー

細麦さくらやのおすすめ情報
さくらや 1番 テーブル に セット
私は なるべく 切らないように 投げ込みたく
器の 大きなものを 選びます、
入れ物により 花の 長さも 決まります
基本系になると かなり シビアーに
長さを 決めないと チェクが入りますが
草月には 自由系があり 
自由に活ける事も出来ます。

でも 基本は 大事ですが 無視する事が多いです
なぜなら おもしろくないから。

今回で 2回目の Kさんです、

今のはな アジサイ すばらしい 
花の 色です、それなりに 決まります、
先生からも おほめの 言葉が
とびだしました。

毎回 花も 違えば 器も変わり 
毎回 神秘的な いけばな 
楽しいです。

迷いのない心 花が 引き立ちます
花を 花 らしく 見せる、
花の 顔を 見せる、
空間を 大切に 花を 投げ込む。

いろんな 花が 並びます、
花は 心で生けます、その日の 心が 花に 表れます
又 無になるのも 大事な事です、

細麦 さくらや 開店 当初から 信州 安曇野産 そば粉で

営業してきましたが 今年度の 安曇野産は 7月にて 終了

いたします、農産物なので 仕方ないと いえば 

仕方ないのですが 新そばが 11月に出回りますが

それまで 安曇野産そば粉は 入荷が出来ません、

新そばが出回るまで どうするかが 今考え中です。

 

永久 チャンピョン ブライアン ルース (USA)
日本に チェンソーアートを 広げてくれた と 
言っても 言い過ぎでは ないほど 影響力のある方です
私も ブライアンの仕事 お手伝いさせてもらい
いろんな 事を 学ぶ事が出来ました、
近くに呼んで いろんな 事も指導してくれたし
教えてもくれました、最近は 年に 2回 お会いしてます。
又 会う 日まで お元気で。

いつもの カバーが 上位でした、
世界で 活躍してる 3名です、個性ある作品で 
3名とも 切り込み アイデア まったく 個性的なカットです、
仕上げも 特殊な道具を使い 軽やかに 作業すすめながら
いろんな 事 教えて くれます、本当に 出来る方は 聞いたら
分かるように 教えて くれます、余裕なんでしようね。
日本にないような 特殊な 工具も 惜しみなく購入の仕方まで
教えてもらいました。日本にいながら 世界で活躍してる方の
切込みが マジかで見れるのも 日本大会ならでは です。
まだまだ 新しい 風 日本に 吹き込んで 下さい。

今年も楽しい 大会でした、
やはり 今年も 大きな 丸太にあたり 苦戦でした、
チェンソーの バーが届かず でかい チェンソー
1台 ほしいものですが 高くて 買えない。
やはり 70ccほどの チェンソー1台いりますね。

皆さん いろんな アイデア いろんな アート完成してました。

マングローブの中の 水路は 潮が 下がると
カヤックでも 通れなくなる、
上げ潮に合わせ 迷路に 入り込む
神秘的な 世界に 出会える 場所です。

マングローブの中の水路を 潮の高さに 合わせて 迷路の
ような 場所を 進む、水深 10cmあると 前え 進める
シーカヤック、水面に座る 感じが なんとも 言えず
水に 浮かべ 座る。

Sasamemugi-Sakuraya All Right Reserved since 2010
TOPページ記事数[2342件] 1ページに10件ずつ表示
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235]