画像をクリックすると拡大

【トップ記事検索】
蕎麦粉は 

信州 安曇野産

石臼挽き

無農薬栽培

スープは

天然だしのみの使用。

安心して 

お召し上がりください。

2017年 定休日

毎週 月曜日、火曜日、

第1 日曜日、第3 日曜日、

第5 日曜日は、

さくらや お休みとなります。

イベントなどで お休み
することも あります。

安曇野産の新蕎麦 
香りも 強く 
味も 濃く
麺に こしもあり
新蕎麦 でないと
味わえない 美味しさです。


チェンソーアート長崎スタートさせました、月に3回講習会を開いております、興味ある方は お尋ね下さい。 

工事中でしたが OK となりました、何なりと お尋ねください。

営業時間
オーブン…AM 11:00
クローズ…PM 3:00
■オーダーストップ
PM 2:30
となっております。

だしは 天然だし 利尻昆布 枕崎産のカツオ  さば ムロアジ うるめ サバ節 時間をかけて とっただし です、そばは もちろん 信州産 無農薬 栽培のそば粉を使用しております。


リンク用バナー

細麦さくらやのおすすめ情報
      空飛ぶ さくらやから 蕎麦に付いて一言、
      高血圧、胃弱、お酒好きなら絶対 蕎麦、

蕎麦には米や小麦粉などの何倍ものビタミンが含まれています。
ビタミンBはB1、B2,B6が米や小麦粉の 2〜3倍も
含まれいます。ビタミンBは疲労感をとり、食欲を増進させ、
イライラ感を抑える働きがあります、口内炎、脱毛症にも
効き目があると言われています、
蕎麦が 高血圧に良いのは、ルチンやルノール酸、ビタミンEを
含んでいるからです。これらは毛細血管を丈夫にし、
血圧を下げ、動脈硬化を防ぐ働きをします。
ビタミンEは老化防止にもよく、ルチンは水溶性なので
無駄なく 吸収するには蕎麦湯を必ず飲むことです。

少しでも 蕎麦の素晴らしさが お分かり いただければ 
 蕎麦文化を長崎でもとおもって頑張っています。

竹の子も 伸びて しまいました、8月の展示会の時には
この竹を 使い 目立つ事を 考え 中です、
もみじの 新芽が 新鮮です 
1年で 1番 良い季節になりましたが
今日は 肌寒く 薪ストーブには 火が入りました
ここちよい 暖かさでした、

今年は 梅の実が すずなりに なってます 
昨年は ほとんどならず でしたが 今年は すごく 
数が 多い事 梅酒でも と 思ってますが。

左の写真から オレンジの花 甘夏の花 レモンの花
今年も確りと 花が 咲いています 
何時もよりは 多い見たいです、
花の 香りが いいぐあいに 流れてます、

夏場は 涼しそうな スポットです。

立ち寄って みました 彫刻を見たくて 正門は 金網が張ってあり 
良く見えずに 残念、鳥 よけでしょう。
屋根の 作りが カッコ いいですね 見とれます。

あいにくの 悪い天気でしたが 大会 成立させないと いけないので
3番目にフライト テイクオフ 足の下に 雲が 切れ間を通りながらの
フライト 3年に 1度は 雨の 確率とか 来年は 良い天気に
なるでしょう。

大分県玖珠町にて スカイスポーツ 今年で なんと 25回目になります
日本で 1番長くつずいてる 空の大会です、今年は 天気が 悪く
雲の中を 飛んでの ゴールでした 大会プラス 九州大会になり
NO.1には なったんですが 同点の得点で フライヤー登録が
遅いほうが 繰り上げになり ゆずって 2位 仕方ないですね
ルールですから、又来年 頑張り 優勝ねらいます。

エアーブラシにて 色を のせて見ました やはり 色作りが大変です
ラッカーですので すぐに 重ね塗りができて 良いのですが
同じ色を作るとなると 出来ない?赤、きい、黒、で茶色が出来ますが
難しい、繰り返し 色作りで 練習しないと                   水性とりおに替えるといいのですが


8月 1ヵ月間のチェンソーアートの展示会では 
今60点ほどの皆さんの作品が そろってますが 色を どうするか
迷っています。エアーブラシのプロの方に指導してもらいながら
まだまだ がんばらないといけません。 

展示用の アート ほぼ完成ですが 何か 気に入らず もう1度
削りなおし お色なおしを と思って います まだ 日にちは
あるので 何とか なると 思いますが 展示は
6月4日から 7日までとなってます、時間がある方は見に
行かれて 下さい。
5月は 仲間が 巨大彫刻に
トライ するとか 時間が合えば 私もと 思っていますが 
どうなることか?

Sasamemugi-Sakuraya All Right Reserved since 2010
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199]
TOPページ記事数[1983件] 1ページに10件ずつ表示