画像をクリックすると拡大

【トップ記事検索】
19回目の
チェンソーアート
日本大会が
開催されます、

20回目は
世界大会と
確りと
計画を立てて
流れに
乗ります。

安曇野産 無農薬栽培の
そば粉は 農家との契約にて
長崎県では 当店 さくらや
だけの 販売になります
さくらやでないと 食べれない
信州 安曇野産
そば粉になります。

チェンソーアート
体験 受付中です、

基本さえ マスターすれば
アート体験が
出来ます、
1作品 完成させて
持ち帰れます

全日本チェンソーアート大会
優勝 2連勝 嶋田が
指導いたします。

お尋ねは さくらやまで。

蕎麦粉は 
信州 安曇野産
石臼挽き
無農薬栽培
スープは
天然だしのみの使用。
安心して 
お召し上がりください。

2019年 定休日
毎週 月曜日、火曜日、
第1 日曜日、第3 日曜日、
第5 日曜日は、
さくらや お休みとなります。
イベントなどで お休み
することも あります。

長崎 チェンソーアート 体験受付中、
機材 材料 こちらで準備いたします
作業着 お弁当持ち で起こし下さい
AM 9時から PM 4時までに
1つの作品完成させます、
出来たアートは持ち帰れます
1回目はふくろうのアートになります。
高さ70cm前後 丸さ 27cm前後、
さくらやにて お尋ねください。、

工事中でしたが OK となりました、何なりと お尋ねください。

営業時間
オーブン…AM 11:00
クローズ…PM 3:00
■オーダーストップ
PM 2:30
となっております。

だしは 天然だし 利尻昆布 枕崎産のカツオ  さば ムロアジ うるめ サバ節 時間をかけて とっただし です、そばは もちろん 信州産 無農薬 栽培のそば粉を使用しております。


リンク用バナー

細麦さくらやのおすすめ情報
カウンター上のさくらは 薪ストーブの温かさで 桜の花も
 咲き始めました、

まずは 2色乗せて 見ましたが これからが 難しくなります
色作りは 原色を 混ぜ合わせて 思う色を 作ります、
オレンジ色は 赤と黄色で オレンジになります、
赤と黄色と黒で 茶色になるように。
混ぜ合わせる色も 少しずつしか 作らないので まったく
同じ色は 出来ないので 又 そこが いい所です、

あと ブラシにてあと3色ほど 乗せて 完成させます。

今年度も 信州 安曇野産 そば粉は 沢山取れなく 新蕎麦が
出回る 11月までは もたない ようです、
農産物だから 仕方ないと言えば 仕方ないのですが
厳しいのは 避けられないようです、

チェンソーアート作品の 仕上げには 欠かせない 物となりました
サンド ペーパー ロール式の物はありましたが 価格が高いのが
当たり前でしたが、 見っけました 約350個入りの ロウルペーパミニ
送料込みで 3000円以内で買えました 惜しみなく 使うことが
出来そうです、
細かい メイクが カンタンに 修正できるようになります。  

まずは 白で下地塗装 このあと ブラシにて 色を乗せていきます、
どうなるかは やって みないと わかりませんが なんとか
なるでしょう やらなければ いけない事は わかってますので。
トライです。

色ずけする アロワナ メイクしました、

壁賭けようにと いらない ところを カットした アロワナです。

今年も 早いもので 2月も終わりになりそうです、
来月は 早 桜 の季節です さくらやも 桜の花で
飾られます。
信州 安曇野産 無農薬 石臼引き 湯がきたてのそばを
冷たい 水でしめ ぬめりを洗い流し さらっとした
そばが 出来上がります この季節の おそばも 美味しいです。 

切り込み が早い Kさん 
今回もダントツで 
早い カットでした、 

今回で 卒業のS さんです、
8時スタートで
1時間ほどで 原型が
わかります
カットに無駄がなく
バランス良く 
配置が 決まって
います、

次の練習会からは
フリーカットになります
ますます 楽しく
なりますね、
頑張って 切り込み
して下さい、
 

19日は練習会でした、天気もいい天気になりました、
皆さん メキメキと 腕に 磨きがかかる 作品 完成です、
切り込みも かなり早くなりました 朝 8時スタートで
10時の休憩までには 皆さんが ほぼ大切りカツト終わらせ 
全体のイメージをカット終了させてました 
確りと イメージが出来上がってるようです、卒業までは 確りと
基礎練習 自分のものに して下さい、
夕方 5時には 掃除も終わり 余裕の 1日になりました。

Sasamemugi-Sakuraya All Right Reserved since 2010
TOPページ記事数[2651件] 1ページに10件ずつ表示
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266]