画像をクリックすると拡大

【トップ記事検索】
蕎麦粉は 

信州 安曇野産

石臼挽き

無農薬栽培

スープは

天然だしのみの使用。

安心して 

お召し上がりください。

2017年 定休日

毎週 月曜日、火曜日、

第1 日曜日、第3 日曜日、

第5 日曜日は、

さくらや お休みとなります。

イベントなどで お休み
することも あります。

安曇野産の新蕎麦 
香りも 強く 
味も 濃く
麺に こしもあり
新蕎麦 でないと
味わえない 美味しさです。


チェンソーアート長崎スタートさせました、月に3回講習会を開いております、興味ある方は お尋ね下さい。 

工事中でしたが OK となりました、何なりと お尋ねください。

営業時間
オーブン…AM 11:00
クローズ…PM 3:00
■オーダーストップ
PM 2:30
となっております。

だしは 天然だし 利尻昆布 枕崎産のカツオ  さば ムロアジ うるめ サバ節 時間をかけて とっただし です、そばは もちろん 信州産 無農薬 栽培のそば粉を使用しております。


リンク用バナー

細麦さくらやのおすすめ情報
エイサーの お姉さん 方 カッコ 良かったです、5曲だったと 思いますが 息も切れずに 太鼓たたいてました 週2回の 練習 頑張てるみたいです 私も エイサー 練習した事は まだ 覚えて いて ふりが 見えてました 若いと まだ やりたかったのですが 歳には かないません。

長崎に 上陸 風の力で 歩き出す 砂浜の生物 複雑な 構造だが シンプルと言えば シンプる でちらなのかは 見る人により 伝わり方も ちがうでしょう、 実際に コンプレッサーで空気を送り 実演もあってました。 

カワセミ ぼちぼちと 飛んで 行ってます 背われを入れないで の アートですので 大きな 丸太を 半分に切っての アートになります
細かい 作業が 多く 2匹を 削り出します、けっこう シビアな 
作業になります、色ずけを したいのですが その前に 巣立ちしてしまいます。

今日が 1回目の チェンソーアート 講習会の Kさんです
アートは 初めてだとか チェンソーは ご自分のを持っての参加
朝 8時から 5時まで 30分ほどの 安全講習をしてから
アート スタートです 
まずは ブロックカット 丸みを出しながら 全体の カットに
4時30分まで頑張ってもらい かたずけ 5時で終わりでした
初めての チェンソーアートでしたが ほぼ 完成まで 出来ました
1回目にしては ビックリ するほどの 出来上がりでした
おつかれさんでした。 

そば処 サクラやですが 今は 新蕎麦 の 季節 1年で 1番 蕎麦が
美味しい 時季ですが 残念ながら新蕎麦の美味しさを 本当に 知ってる 方は あまり 長崎には いないようです  長崎には 蕎麦 文化がなく 小さいころから 蕎麦を 食べて 大人に なった と 言うかたは  あまり いないようです 普段長崎は チャンポン 皿うどん小さいころから 食べてます、大人になっても たべてます、これこそ 長崎の食文化蕎麦文化か 入り込む 余裕はないようです、さくらやも早 4年目に入り この先どうするか 考えないと いけない 時期に来てます、サクラヤの トイレの中に かけてる 看板です こんなのが 下がっています、   次の スタート ラインに 立つ事が 出来るのか?残る時間は あとわずかしか 残っていない。

チェンソーアートの大会有りましたが 大会が 終わり すぐに 佐賀
バルン 大会え 移動した為に 次の日 秋祭りの会場で アートの審査があり ピープルチョイス 一般投票で なんと 私が 優勝してました
役場から 商品を 送りますとは 連絡が ありましたが 優勝してるとは しらず 嬉しい 優勝になりました 高取山の大会では 特別賞をいただき 今度は 霧島アートの森で 優勝 頑張って 来た かいが ありました まだまだ ですが 来年の 展示会に向けて 色んな 作品 チヤレンジして行きます 体が こわれないほどに がんばります。 鹿児島の皆さん 有難う ございました。

高取山の 大会で ブライアン氏が 切り込んでました USAの トンボだと 思いますが 日本の トンボとは 少し 違いますが まずは ブライアンのトンボ 切り込んで 見ました 丸太 40cm 長さ 130cm 1本の 丸太から 4枚の羽を切り取り トンボの 目玉から 尻尾までの 胴体部分を 切り出し 残りが とまりぎになります いがいと スムウズに チェンソーも 流れて 2時間ほどで 完成しました、2匹目は
少し小さい 木で 日本の 麦わらトンボの 胴体にして見ました サクラヤには おにやんまが 季節になると 良く飛んでいて 店の中にも良く入り込みます 次は おにやんま 切り込み ます、

最近の チェンソーアート 見る目もこえてきました やはり インパクトある作品には 力が ありますが こんな 作品は 場所を選びます 
来年は 白木峰 宇宙観にて 展示会しょうかと 今準備中ですが まだまだ 力 及ばず 苦戦中で 計画倒れにならないといいが。 

諫早文化会館にて 花の展示会のときに いっしよに 日本画の展示会もあってました 本物を見るのは 初めてでした かなり よかったですよ。
もう 終わりましたが。

千葉の 栗田さんの 作品です なんと イグアナ

かなり リアルに 良く切り込んで あります

栗田さん 独特の カット です 動き出しそうです、

高取大会の 顔 になってます 参加してる カバーの

皆さんが 栗田さんの アート 見に来てました

カーバーチョイスも もちろん 栗田さんでした

11回 エントリー で 何回 もらったのかは

聞き忘れましたが 昨年も 栗田さん。

Sasamemugi-Sakuraya All Right Reserved since 2010
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186]
TOPページ記事数[1854件] 1ページに10件ずつ表示