画像をクリックすると拡大

【トップ記事検索】
蕎麦粉は 

信州 安曇野産

石臼挽き

無農薬栽培

スープは

天然だしのみの使用。

安心して 

お召し上がりください。

2017年 定休日

毎週 月曜日、火曜日、

第1 日曜日、第3 日曜日、

第5 日曜日は、

さくらや お休みとなります。

イベントなどで お休み
することも あります。

安曇野産の新蕎麦 
香りも 強く 
味も 濃く
麺に こしもあり
新蕎麦 でないと
味わえない 美味しさです。


チェンソーアート長崎スタートさせました、月に3回講習会を開いております、興味ある方は お尋ね下さい。 

工事中でしたが OK となりました、何なりと お尋ねください。

営業時間
オーブン…AM 11:00
クローズ…PM 3:00
■オーダーストップ
PM 2:30
となっております。

だしは 天然だし 利尻昆布 枕崎産のカツオ  さば ムロアジ うるめ サバ節 時間をかけて とっただし です、そばは もちろん 信州産 無農薬 栽培のそば粉を使用しております。


リンク用バナー

細麦さくらやのおすすめ情報
やはり 流れが あります、 写真のような フクロウが最近は
このまれます、
ほとんど 飛んで 行きましたが
なにかと 忙しく 次が 作れないのが 残念

今月は 長崎 水辺の森にて 19日から23日まで
アート展示 販売の予定です、
20日と21日はデモ 予定しています、
周りのブースと話し合いで デモの時間がきまります、
今回は お仕事での 切り込みになります、パホーマンスができます。
ちびっ子木工かんもあり 丸太切りもあります、
延べ25万人の 人出とか 言われてますが。

1番テーブルに 季節の花が セット 今月の草月の材料で
投げ込みました。
最近は 花があまりまくて 困りぎみです、
彼岸花がさきだしましたが。
良い季節になって きました。

あいにく 毎日 梅雨みたいに 雨ばかりの 天気での
後かたずけになりました 雨のあいまを見ての かたずけに
なり、 今日3日 やっとかたずき 残すは
佐賀のYさんから お借りしました アートを明日返しに行き
終わりに なります、アート貸し出し Yさん 有難うございました
これからも 楽しく行きましょう、
おかげ様で農林水産課の方からも
お仕事 の話がきております。

写真は ブライアン作 右腕 左腕長さ調整で切り取ったパーツと
髪 飾りの 羽です 羽にはブライアン氏が製作スタフだった私にと
チェンソーで 有難うと書いて渡してくれたものです、
さくらや 玄関に さりげなく さげてます。

今度は11月に チェンソーアート 長崎市内での話が 出ていますが

決まりしだい お知らせします。

1カ月間の 展示会になりましたが 多く方に 見てもらえました

チェンソーで 欄間も 手がけるほど チェンソーアートが

アートの世界に 影響をあたえる 時代になった事も

日本に 全日本チェンソーアト協会が ある事も

知ってもらえました。

見学に来られた皆さん スタッフの皆さん。宇宙館の皆さん

ありがとう ございました、これからも 良い作品作り がんばります。


30日 PM 5時 チェンソーアート 展 終了いたします。

作品の販売も おこなって おります 展示会 価格で 
普段よりは かなり お安く なっております

宇宙館 入場は無料です、

110点のチェンソーアート作品が 展示してあります。 

宇宙館 2階に展示してあります、すごい ゲスト が 並んでいます
階段を上がり まずは ブライアンの 巨大アート の 製作。
2番目に 私の師匠でもある 井波彫刻師でもある 音琴師匠との
     3m50cmの欄間チェンソーにて切り込み。
3番目に 城所さんの 天地龍
4番目に 井波彫刻師である 藤崎さんの 火の神

見にこられた お客さんに 少しでもチェンソーアートの
素晴らしさを 知ってもらいたく。 4作品とも製作現場に
私も いましたので 今回の展示会に展示させてももらいました。
      

今年5月井波彫刻師 の 藤崎さんの 作品で ブライアンも 火の神
見学に来ました、ナイスの一言 でした。

中日新聞での 天地龍の 記事です。

いよいよ残す所 1日となりました、歳をとると 時間のたっのも 
早いものです、昨年城所さんの 作品で 天地龍 です すごい
製作記録が残っています、 写真では1200枚の細かい 
切り込みが 1冊の私のフアイルになってます、何時かは
龍の切り込みします 私の龍も姿を見せる時が
近いうち おとずれることでしょう。
城所さんの 作業現場の写真は 許可をもらいの
展示になります。

Sasamemugi-Sakuraya All Right Reserved since 2010
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199]
TOPページ記事数[1983件] 1ページに10件ずつ表示