画像をクリックすると拡大

【トップ記事検索】
19回目の
チェンソーアート
日本大会が
開催されます、

20回目は
世界大会と
確りと
計画を立てて
流れに
乗ります。

安曇野産 無農薬栽培の
そば粉は 農家との契約にて
長崎県では 当店 さくらや
だけの 販売になります
さくらやでないと 食べれない
信州 安曇野産
そば粉になります。

チェンソーアート
体験 受付中です、

基本さえ マスターすれば
アート体験が
出来ます、
1作品 完成させて
持ち帰れます

全日本チェンソーアート大会
優勝 2連勝 嶋田が
指導いたします。

お尋ねは さくらやまで。

蕎麦粉は 
信州 安曇野産
石臼挽き
無農薬栽培
スープは
天然だしのみの使用。
安心して 
お召し上がりください。

2019年 定休日
毎週 月曜日、火曜日、
第1 日曜日、第3 日曜日、
第5 日曜日は、
さくらや お休みとなります。
イベントなどで お休み
することも あります。

長崎 チェンソーアート 体験受付中、
機材 材料 こちらで準備いたします
作業着 お弁当持ち で起こし下さい
AM 9時から PM 4時までに
1つの作品完成させます、
出来たアートは持ち帰れます
1回目はふくろうのアートになります。
高さ70cm前後 丸さ 27cm前後、
さくらやにて お尋ねください。、

工事中でしたが OK となりました、何なりと お尋ねください。

営業時間
オーブン…AM 11:00
クローズ…PM 3:00
■オーダーストップ
PM 2:30
となっております。

だしは 天然だし 利尻昆布 枕崎産のカツオ  さば ムロアジ うるめ サバ節 時間をかけて とっただし です、そばは もちろん 信州産 無農薬 栽培のそば粉を使用しております。


リンク用バナー

細麦さくらやのおすすめ情報
はすの実です 子供のころは はすのみは 食べてましたが
今も 食べる人は いるのかな?

はすの花が 見ごろになってます、
1年に 1度ですが 本当に 綺麗な 花です
ドカーント 活けて 見たいものです、
来月は 長埼 出島で 草月流が 花を 展示いたします。
はすの花ではなく はすの実 手配中です、

焼きいれを
しながら
修正です。

細かい クラックが
出てきましたので
割れ止めで
クラックを
止めながらの
作業になりました、
割れ止めを
塗ると
確りと 
割れは止まります
有りがたい
割れ止めです。

最後の追い込みです
来週までは
かかりそうですが。

私は 自由系で 好きに活けてますが
なるべく 素材を 切らないまま 生かし
空間を 大事にしながら 繊細な所も取り入れて
活けてます、
花も チェンソーアートによく似ていて
引き算になります、 花は 枝を切り
葉を 落としながら 形を整えて行きます
まさに アート感覚です、
花器の高さに対して 花の高さも 決まってます
やはり 基本は 何事も とても 大事な事
無視すると バランスの 悪い アートになってしまします、
勉強することは 山ほど 有りますが 身近にヒントも
山ほど有ります 見逃さないように 常に アンテナをONに
しといて 下さい。

4月 5月と サボってましたが 今月は 確りと 活けてきました
床の間の 花を 置くときは 決まった 場所があります
床の間は かけじくが 1番で 花は 引き立てやくになりますので
かけじくにかぶらないように しないと いけません
形によって 花を 置く場所も変わってきます。

作法を知る事は 今の時代 とても 大事なことです、
色んな 作法も 花の 先生は 何気なく 教えて 
くださいます。

ありがたい 事です
まだまだ 人生 勉強です。

最後は どう決めるかが1番 大事な 所です
龍に付いてはかなり勉強しました長崎と言えば
龍は色んな所で出てきますが
長崎の龍は特別な意味深い日本を代表する
龍だとわかりました。 

細かい 細工
しております
やはり 夜は
頭が さえますが

明日の仕事の事も
考えながらの
アートです。

最近は さくらやが終わり 夜遅くまで仕上げ 作業してますが
電気を付けてると シロアリが 飛んで 来る時があります
周りが サクラ 並木なので 仕方のないことですので

毎日では ないので 飛んで きたら 作業は おしまいにしてます、

Sasamemugi-Sakuraya All Right Reserved since 2010
TOPページ記事数[2667件] 1ページに10件ずつ表示
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267]