画像をクリックすると拡大

【トップ記事検索】
19回目の
チェンソーアート
日本大会が
開催されます、

20回目は
世界大会と
確りと
計画を立てて
流れに
乗ります。

安曇野産 無農薬栽培の
そば粉は 農家との契約にて
長崎県では 当店 さくらや
だけの 販売になります
さくらやでないと 食べれない
信州 安曇野産
そば粉になります。

チェンソーアート
体験 受付中です、

基本さえ マスターすれば
アート体験が
出来ます、
1作品 完成させて
持ち帰れます

全日本チェンソーアート大会
優勝 2連勝 嶋田が
指導いたします。

お尋ねは さくらやまで。

蕎麦粉は 
信州 安曇野産
石臼挽き
無農薬栽培
スープは
天然だしのみの使用。
安心して 
お召し上がりください。

2019年 定休日
毎週 月曜日、火曜日、
第1 日曜日、第3 日曜日、
第5 日曜日は、
さくらや お休みとなります。
イベントなどで お休み
することも あります。

長崎 チェンソーアート 体験受付中、
機材 材料 こちらで準備いたします
作業着 お弁当持ち で起こし下さい
AM 9時から PM 4時までに
1つの作品完成させます、
出来たアートは持ち帰れます
1回目はふくろうのアートになります。
高さ70cm前後 丸さ 27cm前後、
さくらやにて お尋ねください。、

工事中でしたが OK となりました、何なりと お尋ねください。

営業時間
オーブン…AM 11:00
クローズ…PM 3:00
■オーダーストップ
PM 2:30
となっております。

だしは 天然だし 利尻昆布 枕崎産のカツオ  さば ムロアジ うるめ サバ節 時間をかけて とっただし です、そばは もちろん 信州産 無農薬 栽培のそば粉を使用しております。


リンク用バナー

細麦さくらやのおすすめ情報
伊王島の橋を渡る前に チュリップの花畑があると聞き 見にいきましたが
遅かったようで 花はなし 新しい 苗に 変わってましたので
灯台見学え、

2つ目の看板 外の南側に 置きました。
いい感じ に 存在感があります これも バーナーで焼いて
仕上げました、大きな 作品作ると 水平にカットするので
1個 看板も出来ます。

さくらの 季節は さくらや 休まずに営業いたします

さくらの花見は さくらえ お越しください。

いい材料があったので 切り込み 看板 作りました 信州 そば、
チェンソーだと カンタンに作る事が出来ます、
バーナーで 焼いて 色を付けます、それなりに 目立つ看板1個
出来上がり です。

少し 大きくなって来ました さくらのつぼみ、今年は 例年と
同じぐらいの 日に日に満開になりそうです、
あと 天気が どうなるかが 問題ですが。


右下のほうには 題名 鯨の背中 水中から突然現れた鯨の背中、
避けきれず衝突する ボートも。鯨の前方、海の中には巨大生物の姿が・・・

すぐ上の 題名は 波しぶきの魂津波で亡くなった人や動物たちの魂が
集まって 空に昇ていきます。
東日本災害を作品の中に 取り入れての 力作です、


見学は 土曜日 日曜日は人が なり多くなります、 

昨年 完成した 新作の 大きさは なんと 3mx4m Rebirh
2013年から2016年 ペン先1つで 完成、
部分的に ストリーがあり 絵の真ん中あたりですが 線路の上を
らくだの キヤラバン隊が 書かれています、ストリーは 
汚染された環境が変わろうとも、より良い場所を求めてさすらい
つずけるキャラバン隊の姿は、今の地球に住む私たちそのものです、
雪のようの見えるのは放射能識の花から出された目に見えない
汚染物質を 表したものだそうです。変化にとんだ タツチは
見ることを あきさせない 不思議な 空間が 広がってます、
私の 大好きな 海も水中も空もパラグライダーも花も 
何といっても 楽しすぎる 落ちが いたるところに 描かれてます
池田学の The Pen を買い 絵のストリーを理解すると
もっと もっと 見入る事が出来 素晴らしさに 築く事が沢山あります。

トイレの中の花に なります、 梅の花が 今満開になりました、
もうすぐ桜屋の ソメイヨシノ咲きだします、

桜屋で花見 出来ます。

カウンターの上に さりげなく。

Sasamemugi-Sakuraya All Right Reserved since 2010
TOPページ記事数[2573件] 1ページに10件ずつ表示
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258]