画像をクリックすると拡大

【トップ記事検索】
1年アット言うまです
人生は短いと思いつつ
今年も年越し蕎麦の
季節になりました

年越し蕎麦
予約販売 開始いたしました
12月31日に蕎麦を打ち
その日のうちに食べてもらう
 今年も頑張って
美味しい蕎麦
打たせてもらいます、

新蕎麦 打ち始めました

信州 安曇野産

無農薬 石臼引き

新蕎麦は 今だけ

美味しいものは

美味しいです。

チェンソーアート
体験 受付中です、

基本さえ マスターすれば
アート体験が
出来ます、
1作品 完成させて
持ち帰れます

全日本チェンソーアート大会
優勝 2連勝 嶋田が
指導いたします。

お尋ねは さくらやまで。

蕎麦粉は 

信州 安曇野産

石臼挽き

無農薬栽培

スープは

天然だしのみの使用。

安心して 

お召し上がりください。

2017年 定休日

毎週 月曜日、火曜日、

第1 日曜日、第3 日曜日、

第5 日曜日は、

さくらや お休みとなります。

イベントなどで お休み
することも あります。

安曇野産の新蕎麦 
香りも 強く 
味も 濃く
麺に こしもあり
新蕎麦 でないと
味わえない 美味しさです。


チェンソーアート長崎スタートさせました、月に3回講習会を開いております、興味ある方は お尋ね下さい。 

工事中でしたが OK となりました、何なりと お尋ねください。

営業時間
オーブン…AM 11:00
クローズ…PM 3:00
■オーダーストップ
PM 2:30
となっております。

だしは 天然だし 利尻昆布 枕崎産のカツオ  さば ムロアジ うるめ サバ節 時間をかけて とっただし です、そばは もちろん 信州産 無農薬 栽培のそば粉を使用しております。


リンク用バナー

細麦さくらやのおすすめ情報
コスモスも満開に なりました、 始まりがあれば 終わりもあります

花の命は 短くて でも 種が残りますので 大事にあつめて

又来年種まきを すると 満開のコスモスが 見ることが 出来ます

さくらやのコスモスも 毎年 少しずつですが 増えてきてます。

無農薬栽培の 信州 安曇野産 そば粉は 今年度は 終了した為

桜やは 8月から お休みしています。

来月は 無農薬栽培の 安曇野産 新そばが 出回ります

11月10日より さくらや 無農薬栽培 安曇野産 新そばから

オープン いたします、

今しばらく お待ち 下さい。

   

チェンソーアート大会 つずきますが 楽しく レベル アップ出来ます。
上手くなってこそ 楽しい 早く 楽しい アート出来るように
なりたい 誰でもが そう 思うと 思いますが チャンスを生かす
とても 大事な 事 当たり前ですが 
当たり前が出来ない人沢山います、

高取山 湧水町 大会 チェンソーアート 上手くなる
チャンスが あふれて います 
築くか 築かないかは 築かせ方を あなたの周りに教えてくれる
人が いるか いないかで貴方もかわれるかも・・・


短い 人生 楽しんだ 人が 勝ち組です。

もちろん 私は 勝ち組になります。 

2014年 チェンソーアート大会 優勝、
大会が終わり すぐに佐賀のバルンの大会え移動
パラグライダーイベントの為に、 アート大会優勝の連絡は
次の日 電話で連絡をもらい ラッキー でした。

2015年 全日本チェンソーアート大会 
オープンクラス、優勝、これもラッキーでした、
持ち時間2日で 6時間でしたが 4時間30分ほどで
作品のトンボは完成してました 私なりには 上手い出来栄えでは
なく気に入らなかったのですが 結果は 優勝 ラッキー


長崎 チェンソーアートクラブ の 講習生
チェンソーアート講習 10回目で 大会に挑み 
3位 すばらしい 結果が出ました、
今からが 楽しい チェンソーアートの始まりです。


今年も 楽しむのが 1番なので 大会楽しみます。
 

いよいよ 来週になりました、日本で1番 チェンソーアート
カーバーが集まる、ホットで勉強になる アートの大会です、
色々と ルールは 沢山あるが ないようなものです、
おこられそうですが、自由に作品作りが出来るのも 高取です、
一歩踏み込んだ アートが繰り返され 製作されるのも高取の
いい所です、驚かされ、築かされるのも 高取です、
いつまで 行けるかは分かりませんが チェンソー持てる
間は つずけて 参加したいと 思う高取です。

無農薬栽培の 信州 安曇野産 そば粉

いよいよ 入荷 まじかに なりました、

11月10日に さくらや オーブン 出来そうです。

         お楽しみに。

力ずよい 後ろ 姿に なりました、 良かった、かなり 
力 入れて 勉強しながら 仕上げました、いろんな 道具も
人が 使ってるのを 見ながら 探して 
自分の 物にしていき 刻み 線を出し 磨くの 繰り返し、
次は 1つ上の アート が 出来る でしょう。

倉庫が 立ってる所は大きな 石だらけでしたが 久しぶりに バックホーに
乗り 楽しかったです。

でも もう 置けない あと 1つ いりそうです、
道具をおく前は いい感じに 広かったのですが・・・

10万 ちょっと で すみました、良かった。

お店においてた いろいろ なもの やっと かたずきました、
でも 早 満タン 状態 

Sasamemugi-Sakuraya All Right Reserved since 2010
TOPページ記事数[2342件] 1ページに10件ずつ表示
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235]