画像をクリックすると拡大

【トップ記事検索】
1年アット言うまです
人生は短いと思いつつ
今年も年越し蕎麦の
季節になりました

年越し蕎麦
予約販売 開始いたしました
12月31日に蕎麦を打ち
その日のうちに食べてもらう
 今年も頑張って
美味しい蕎麦
打たせてもらいます、

新蕎麦 打ち始めました

信州 安曇野産

無農薬 石臼引き

新蕎麦は 今だけ

美味しいものは

美味しいです。

チェンソーアート
体験 受付中です、

基本さえ マスターすれば
アート体験が
出来ます、
1作品 完成させて
持ち帰れます

全日本チェンソーアート大会
優勝 2連勝 嶋田が
指導いたします。

お尋ねは さくらやまで。

蕎麦粉は 

信州 安曇野産

石臼挽き

無農薬栽培

スープは

天然だしのみの使用。

安心して 

お召し上がりください。

2017年 定休日

毎週 月曜日、火曜日、

第1 日曜日、第3 日曜日、

第5 日曜日は、

さくらや お休みとなります。

イベントなどで お休み
することも あります。

安曇野産の新蕎麦 
香りも 強く 
味も 濃く
麺に こしもあり
新蕎麦 でないと
味わえない 美味しさです。


チェンソーアート長崎スタートさせました、月に3回講習会を開いております、興味ある方は お尋ね下さい。 

工事中でしたが OK となりました、何なりと お尋ねください。

営業時間
オーブン…AM 11:00
クローズ…PM 3:00
■オーダーストップ
PM 2:30
となっております。

だしは 天然だし 利尻昆布 枕崎産のカツオ  さば ムロアジ うるめ サバ節 時間をかけて とっただし です、そばは もちろん 信州産 無農薬 栽培のそば粉を使用しております。


リンク用バナー

細麦さくらやのおすすめ情報
福が来る ふくろう お店に 似合ってます、
重たくて 動かせない 重さです、

長崎 チェンソアート クラブ 今月の 練習会は
28日 月曜日になります、 いつもの 白木峰高原にての
練習会になります。

12月の練習会は 18日 日曜日です、
12月は 干支作りに なりますので 写真とか いろんな 資料で
イメージ トレイニング しておいて 下さい、楽しみましょう。

3時間 切り込みしましたが 丸太が 大きいので
なかなか 進まず  ここまで。

さくらやの 看板 作ろうと 思い 切り込み スタートです、
桜や 入り口右側で 切り込みスタートです、

やはり イベント は 楽しく が 1番ですので
チェンソーアート デモでも 見てくださる 
かたが おられるから なりたっものです

説明をしながら チェンソーのエンジン音も
軽やかに 耳に ここちょく アクセルを使います、
見てくださる方が 飽きないような 切り込みや
パホーマンスで 大胆で 繊細なアートを
短時間で 完成、そして 自分も楽しむ事 
それが チェンソーアートです、

お呼びがかかると 軽トラ 積めるだけのアートを積み
花をそえ チェンソーアート 広めています。
それなりに 収入も あり 楽しくやってます。

イベントも終わり、フェリーにて 奈良尾から 長崎え
軽トラ割があり 往復で30100円 
自腹では なかなか 行けません 五島、
女神大橋を 下から 見学。

イベントとなると 皆さん 早くから
集まって来てました。

無農薬 栽培 信州 安曇野産のそば粉

新蕎麦 の季節になりました、

さくらや 無農薬にこだわり

信州にこだわり 安曇野産にこだわり

頑張って おります、

お休みは 月曜 火曜 

第1,3,5、日曜日 お休みです。

さくらやの 
お客さんから 
お祝いが 
届きました

T様ありがとう 
ございました
これからも
確りと 
アートの世界を
先取りするように
頑張ります。


やらなければ いけない 仕事が 湧いて来ます、
なかなか 自分の事が 出来ず 12月は なんとか 
やりたいことが できそうなので 今から 準備です。

上五島 備蓄センターでのイベント 1時間30分で
1つの アート 完成 仕上げまでして われ止め
塗装までしました あと センターに おかれるとか、

イベント内には 長崎 チェンソーアートクラブの
横断幕2枚 設置しました。
おかぎさまで チェンソーアート切込み 楽しんでもらえました。

Sasamemugi-Sakuraya All Right Reserved since 2010
TOPページ記事数[2342件] 1ページに10件ずつ表示
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235]