画像をクリックすると拡大

【トップ記事検索】
蕎麦粉は 

信州 安曇野産

石臼挽き

無農薬栽培

スープは

天然だしのみの使用。

安心して 

お召し上がりください。

2017年 定休日

毎週 月曜日、火曜日、

第1 日曜日、第3 日曜日、

第5 日曜日は、

さくらや お休みとなります。

イベントなどで お休み
することも あります。

安曇野産の新蕎麦 
香りも 強く 
味も 濃く
麺に こしもあり
新蕎麦 でないと
味わえない 美味しさです。


チェンソーアート長崎スタートさせました、月に3回講習会を開いております、興味ある方は お尋ね下さい。 

工事中でしたが OK となりました、何なりと お尋ねください。

営業時間
オーブン…AM 11:00
クローズ…PM 3:00
■オーダーストップ
PM 2:30
となっております。

だしは 天然だし 利尻昆布 枕崎産のカツオ  さば ムロアジ うるめ サバ節 時間をかけて とっただし です、そばは もちろん 信州産 無農薬 栽培のそば粉を使用しております。


リンク用バナー

細麦さくらやのおすすめ情報
今の チェンソーアートには 欠かせない 
道具になりました、日ごろ 練習してますが
何事も 基本が大事です 早く 上手くなるには
自分で 考えずに 日本1の方に 教えてもらうのが
1番 早いのです、ラッキーにも エアーブラシ
日本NO、1、の ユウスケさんと 
出会うことが出来ました 龍神村の工房まで行き
基本の中の基本教えてもらいました
それほど 難しくはなく すぐに出来るように
なりましたが 奥が深く 無限大の
練習方法があり、アマチアからプロまでが
練習出来る方法でした。あとからきずきおどろきでした。
  

この花 外来種になりますが 日本の 花に 害をあたえるとの
事 で これからは 手に入らなくなる はなです、

バラの花 神秘的な 色合い 見とれます。
コントラストすごく良いです、

さくらや 1番 テーブル に セット
私は なるべく 切らないように 投げ込みたく
器の 大きなものを 選びます、
入れ物により 花の 長さも 決まります
基本系になると かなり シビアーに
長さを 決めないと チェクが入りますが
草月には 自由系があり 
自由に活ける事も出来ます。

でも 基本は 大事ですが 無視する事が多いです
なぜなら おもしろくないから。

今回で 2回目の Kさんです、

今のはな アジサイ すばらしい 
花の 色です、それなりに 決まります、
先生からも おほめの 言葉が
とびだしました。

毎回 花も 違えば 器も変わり 
毎回 神秘的な いけばな 
楽しいです。

迷いのない心 花が 引き立ちます
花を 花 らしく 見せる、
花の 顔を 見せる、
空間を 大切に 花を 投げ込む。

いろんな 花が 並びます、
花は 心で生けます、その日の 心が 花に 表れます
又 無になるのも 大事な事です、

細麦 さくらや 開店 当初から 信州 安曇野産 そば粉で

営業してきましたが 今年度の 安曇野産は 7月にて 終了

いたします、農産物なので 仕方ないと いえば 

仕方ないのですが 新そばが 11月に出回りますが

それまで 安曇野産そば粉は 入荷が出来ません、

新そばが出回るまで どうするかが 今考え中です。

 

永久 チャンピョン ブライアン ルース (USA)
日本に チェンソーアートを 広げてくれた と 
言っても 言い過ぎでは ないほど 影響力のある方です
私も ブライアンの仕事 お手伝いさせてもらい
いろんな 事を 学ぶ事が出来ました、
近くに呼んで いろんな 事も指導してくれたし
教えてもくれました、最近は 年に 2回 お会いしてます。
又 会う 日まで お元気で。

いつもの カバーが 上位でした、
世界で 活躍してる 3名です、個性ある作品で 
3名とも 切り込み アイデア まったく 個性的なカットです、
仕上げも 特殊な道具を使い 軽やかに 作業すすめながら
いろんな 事 教えて くれます、本当に 出来る方は 聞いたら
分かるように 教えて くれます、余裕なんでしようね。
日本にないような 特殊な 工具も 惜しみなく購入の仕方まで
教えてもらいました。日本にいながら 世界で活躍してる方の
切込みが マジかで見れるのも 日本大会ならでは です。
まだまだ 新しい 風 日本に 吹き込んで 下さい。

Sasamemugi-Sakuraya All Right Reserved since 2010
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214]
TOPページ記事数[2135件] 1ページに10件ずつ表示