画像をクリックすると拡大

【トップ記事検索】
蕎麦粉は 

信州 安曇野産

石臼挽き

無農薬栽培

スープは

天然だしのみの使用。

安心して 

お召し上がりください。

2017年 定休日

毎週 月曜日、火曜日、

第1 日曜日、第3 日曜日、

第5 日曜日は、

さくらや お休みとなります。

イベントなどで お休み
することも あります。

安曇野産の新蕎麦 
香りも 強く 
味も 濃く
麺に こしもあり
新蕎麦 でないと
味わえない 美味しさです。


チェンソーアート長崎スタートさせました、月に3回講習会を開いております、興味ある方は お尋ね下さい。 

工事中でしたが OK となりました、何なりと お尋ねください。

営業時間
オーブン…AM 11:00
クローズ…PM 3:00
■オーダーストップ
PM 2:30
となっております。

だしは 天然だし 利尻昆布 枕崎産のカツオ  さば ムロアジ うるめ サバ節 時間をかけて とっただし です、そばは もちろん 信州産 無農薬 栽培のそば粉を使用しております。


リンク用バナー

細麦さくらやのおすすめ情報
2名の方が 新しく スタートされました、教えるからには
チェンソーアートにこだわらず 色んな 方向から 取り入れて
技術アップをと おもっての指導をいたします、今までのチェンソーアートで
3〜4年かかってた所を 1年ほどで 出来るような 指導をいたします
(例外をのぞきますが)こんかいも1回目の講習でほぼ完成しました
飲み込みも良く チェンソーも リズミカルニ動いてました
1回目にしては 素晴らしい 出来上がりになりました、
来月は 来年の絵とを 皆さんで アート頑張ります。

講習生は チェンソーアート初めての方のみの 入校となっております
他のクラブの方とか 個人で活躍されてる方の受付は お断りしております。
見学も現在チェンソーアートをされてない 方のみの見学はOKですが
前もって 連絡がない方の見学は お断りしております。
長崎 チェンソーアート クラブ

 無農薬栽培にこだわり 石臼ひきにこだわり

 日本1の蕎麦粉に こだわり 

 今年も やって来ました 信州 安曇野産の蕎麦粉

 お店をしてるときは ほぼ毎日そば食べてますが

 やはり 安曇野産の蕎麦粉は 格別です、

 そばずきな方 今が 食べ時です、

 なんと言っても 安曇野産蕎麦粉 さいこうです。

  

そばは厳しい気象条件の荒れ地でも育つ事から、
世界中に広く栽培されています。日本でも
古くから食べられてきたもので、信州は寒くやせた
土地が多く、良質なそばがとれたことからそばの
名産地としてしられていました。
そばはそばがきやクレープのように食べられる例が世界的に多いのですが
日本独自の進化として麺じょうにして食べています。これは(そば切り)
という食べ方で江戸時代から始まったといわれています。
記録が有る中では、中山道本山宿の名物としてそば切りのつたえがあります。
手軽な食べ方として江戸時代に伝わり、屋台でのファストフーズとして
江戸で愛され、やがて日本に広がりました。
一方で江戸時代に幕府の命令によって大名の国替えが行われた際に、信州の
そば職人を連れて行ったことから、各地に有名な蕎麦処が誕生しました、
特に知られているのが、島根県出雲地方(出雲そば)、
兵庫県豊岡市(出石そば)、福島県会津地方(会津そば)で、
これらはいずれも信州の大名の国替えで伝えられた そばです。

毎年 同じ 風景画 見られますが 田植えから 刈り取りまで
美味しい お米が出来ております、
今年は 熊本県 水上村の 米 約1年 ぶん買って来ました
九州で2番目に高いやま市房山のすそ野にある 棚田 チェンソー仲間の
Iさん宅ののお米です 水は湧き水 が田んぼに入り 環境も 最高です。
写真は 諫早森山の 田んぼです、遠くの山は 五か原岳です。

いけばなも習い 初めて もう長くなりました 花は 花らしく 生けるのが
1番ですが その時の 気持に 左右されます、その時の 心が 花に 出てしまいます 心に 余裕を持ち 挑まないと しまりのない 生け花に なってしまいます 最近 先生から言われる 言葉は だいぶんと おちっいて 来ましたね、 です・・・・・う・・・・・

11月25日より 打ち始めます、1年の中で 1番 美味しいそば

それも 日本1の蕎麦粉です、 そして 無農薬栽培の蕎麦粉

これでもか 石臼引きの蕎麦粉です。

22日はさくらや 営業いたしております。

さくらやの もみじも少し 紅葉してきました。


やつと出ました 新蕎麦 さくらやは25日から販売です。

信州 安曇野 無農薬栽培 石臼引き 

日本の ブランド の 蕎麦粉になります

信州なら何処でも いいというわけにはいきません

信州の中でも 優等生は やはり 安曇野産が1ばんです、

新蕎麦は なんと言っても 香りが 強いです。

今しか 食べられません さくらやえ お越しください。

おまちしてます。

本館に展示してるものは やはり 良くわからない ものばかり
子供の おもちゃが山済みしてあり 重なりあって 1つの アート
を 作り 上げてるのは わかりますが 何のためと考えるとピカソの絵と
同じぐらい 分かりませんが これだけの仕事は かなり たいへんそー
反面 楽しそう、良く分からない 所ですが 仕事でしろと言われたら
私は 喜んで 受けますが。この中にお気に入りのおもちゃがあると
そのおもちゃを スケッチすると もらえると 仕組み 仲間はスケッチして
2個もらって かえってまして。

玄関入り口に ガーンとオブゼが置いて有ります これがアートと
言わんばかりに 一言で言えば ドハデ これをみて どう感じるかが
問題ですが、何を言わんとしてるのか 何をひようげんしてるのかは
アーテストしか 分からないか 子供の夢の中はこんなかも。

2011年からチェンソーアート スタートしましたが それまでは 薪ストーブ用にチェンソーを使ってました。チエンソーアート早く上手に削れるか
私の課題でしたが まずきずいた事は 大会に出ること 日本世界のカバーと
仲良くなる事でした、色んな方の作品を見て質問し色んな事を教えてもらいながら大会になれて行き、優勝を狙える 知識を見につけあとは練習するしかないと
思ってました、やはり1番大事な事は 本物を知るという事です、私にとって井波彫刻にて教わった事が私の力になつてます、感謝の気持を忘れずに頑張ります。

Sasamemugi-Sakuraya All Right Reserved since 2010
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192]
TOPページ記事数[1915件] 1ページに10件ずつ表示