画像をクリックすると拡大

【トップ記事検索】
蕎麦粉は 

信州 安曇野産

石臼挽き

無農薬栽培

スープは

天然だしのみの使用。

安心して 

お召し上がりください。

2017年 定休日

毎週 月曜日、火曜日、

第1 日曜日、第3 日曜日、

第5 日曜日は、

さくらや お休みとなります。

イベントなどで お休み
することも あります。

安曇野産の新蕎麦 
香りも 強く 
味も 濃く
麺に こしもあり
新蕎麦 でないと
味わえない 美味しさです。


チェンソーアート長崎スタートさせました、月に3回講習会を開いております、興味ある方は お尋ね下さい。 

工事中でしたが OK となりました、何なりと お尋ねください。

営業時間
オーブン…AM 11:00
クローズ…PM 3:00
■オーダーストップ
PM 2:30
となっております。

だしは 天然だし 利尻昆布 枕崎産のカツオ  さば ムロアジ うるめ サバ節 時間をかけて とっただし です、そばは もちろん 信州産 無農薬 栽培のそば粉を使用しております。


リンク用バナー

細麦さくらやのおすすめ情報
早めに 練習の準備してます、まずは丸太積めるだけ
現場に 準備です、かなり 広い 練習場です。

講習会の時は 
丸太を積めるだけ
積んで
練習場所え
1回では 
みんな 積めずに
2回に分けて
運びます
いつも
重量オーバーかな

ミニ ユニックも
大活躍してます
いいものを
見っけました
ウエルダー
付きの
発電気も
かるがると
積み込みが
出来ます。

今月は
11日が
練習会と
なります。

ほとんど 掃除とか 
洗車とかはしない
私ですが あと2年
乗ることにしました、

少し掃除をして
修理をして
屋根に ダイバー
時代に使ってた
プロテックスのトランクを
屋根に乗せ
る事で かたずきも良く
なりました、

車も 道具も
使い切る事が 
大事だと 思い 
つかってます。 

さくらや 西側に 置いてある アートの トンボに

おにやんまが 2匹 羽を やすめてました。

11日 月曜日になりました、こん会も 山の上の
草原にての 練習会になります、
標高が高いため 空気が 澄みきって 風も
心地よく チェンソ−アートには
とても いい環境です、

見学を希望される方は 桜やまで連絡してください、
8月からは チェンソーアート 体験も スタート
いたします、興味ある方は 桜やまで。

今回も 総合練習になりました、
体験の方も 1名参加で かなり 
頑張り 16時には 出来上がってました、
広々とした 環境 山の上なので 空気が綺麗なのが
良くわかりました、
今回は 県民の森からも 見学に こられました、
近いうち 県民の森でも パホマンスが 出来るかも。

26日いい天気に なりました、
そよ風の中での 練習会になりました、

色ずけする前の干支
です。
10月までの預かりと 
なりましたが 
日本大会 楽しみです
落ちだらけの 干支
ですが 皆さんに 
分かって もらえたら
嬉しいのですが。

26日は 
チェンソーアート
練習会になりますが
天気が 心配になります、
雨にならないと
いいのですが。

かなり 優れた 便利な 道具ですが 手入れは
使用ごとに ばらして 掃除しないと 中で ペイントが
かたまります、
色を付けるアートがなんこか たまり 色ずけになります
ブラシは 掃除が 簡単に 出来るのを 買わないと
いけませんが、清掃は 洗浄液が有り ブラシをばらし
パーッ10個になり 洗浄液で洗い 乾かし 組み立てます
噴出し穴が 0.3mmなので 小さな ごみでも 詰まりますが
使用中は バイパスが有り ノズルが詰まったら 
詰まったごみも 飛ばす事が出来るように なってます。
  

今の チェンソーアートには 欠かせない 
道具になりました、日ごろ 練習してますが
何事も 基本が大事です 早く 上手くなるには
自分で 考えずに 日本1の方に 教えてもらうのが
1番 早いのです、ラッキーにも エアーブラシ
日本NO、1、の ユウスケさんと 
出会うことが出来ました 龍神村の工房まで行き
基本の中の基本教えてもらいました
それほど 難しくはなく すぐに出来るように
なりましたが 奥が深く 無限大の
練習方法があり、アマチアからプロまでが
練習出来る方法でした。あとからきずきおどろきでした。
  

Sasamemugi-Sakuraya All Right Reserved since 2010
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186]
TOPページ記事数[1854件] 1ページに10件ずつ表示