画像をクリックすると拡大

【トップ記事検索】
19回目の
チェンソーアート
日本大会が
開催されます、

20回目は
世界大会と
確りと
計画を立てて
流れに
乗ります。

安曇野産 無農薬栽培の
そば粉は 農家との契約にて
長崎県では 当店 さくらや
だけの 販売になります
さくらやでないと 食べれない
信州 安曇野産
そば粉になります。

チェンソーアート
体験 受付中です、

基本さえ マスターすれば
アート体験が
出来ます、
1作品 完成させて
持ち帰れます

全日本チェンソーアート大会
優勝 2連勝 嶋田が
指導いたします。

お尋ねは さくらやまで。

蕎麦粉は 
信州 安曇野産
石臼挽き
無農薬栽培
スープは
天然だしのみの使用。
安心して 
お召し上がりください。

2019年 定休日
毎週 月曜日、火曜日、
第1 日曜日、第3 日曜日、
第5 日曜日は、
さくらや お休みとなります。
イベントなどで お休み
することも あります。

長崎 チェンソーアート 体験受付中、
機材 材料 こちらで準備いたします
作業着 お弁当持ち で起こし下さい
AM 9時から PM 4時までに
1つの作品完成させます、
出来たアートは持ち帰れます
1回目はふくろうのアートになります。
高さ70cm前後 丸さ 27cm前後、
さくらやにて お尋ねください。、

工事中でしたが OK となりました、何なりと お尋ねください。

営業時間
オーブン…AM 11:00
クローズ…PM 3:00
■オーダーストップ
PM 2:30
となっております。

だしは 天然だし 利尻昆布 枕崎産のカツオ  さば ムロアジ うるめ サバ節 時間をかけて とっただし です、そばは もちろん 信州産 無農薬 栽培のそば粉を使用しております。


リンク用バナー

細麦さくらやのおすすめ情報
4年に 1度
富山県にて
開催されてます
かく国からの
参加もあり
日本代表は
児玉さんに
大胆な 切り込み
されると 
思います、
1番早く
出来上がるのでは
ないかと
思ってます

仲間も何人か
行くように
なってます
富山で
お会い出来るのも
楽しみです、
すぐ近くに瑞泉寺が有り
彫刻の参考書見たいな
彫刻が 沢山有ります 息を呑む すばらしさです。

夜暗くなってからが 仕事が 進みます、
昼間は 暑くて しかし 山の中ですので 色んな 虫が 飛んで
来ます、 なぜか カブトムシは メスしか 飛んで 来ないのは
なぜかな 、前は でかい いぼかえるが 遊びに 来てました
カナブンを 捕まえて やると 喜んで たべてました 食べ方は
カメレオン見たいに 舌が 伸びて つかまえます 結構はやいです。
夜の山の中も 又 楽しいです。

少し 力を入れて 仕上げてますが 仕事量が多くて なかなか
はかどらづ 夜 遅くまで 楽しんでます。

なんか 面倒だが 美味しく見えると もくもくと 1こ1こ
上下 返して 天日干しです、
明日あと 1日干したら いよいよ シソの葉の出番になります
最終段階 ですね 1年は 梅干 買わなくて すみそうです。

いただきました、 同じ集落に住んでて 牛を 50匹飼ってる方から
畑に植えてた しその葉 分けてもらい しそもみです、
梅の実は あと少し 天日干しした方が 良いとの事ですので
あと 少し天日干しです。

15キロほどの梅干になります、福岡 糸島に住んでる 仕事の先輩の
庭になってる 梅の実 美味しく いただけるように
努力してます 聞きながら ですが、

塩ずけしてた 梅を 天日干しするために かめからあげました
ここで 美味しそうな 梅に なってます。

大方 細かい 
切り込みが
終わりました
ほとんど
見込みだけが
残りです
これからが
本番の
しあげに
かかります。

細かい
道具も
沢山
そろいました
使いこなして
こそ
道具です
使い切る
つもりで
しあげます。

毎日 草が伸びるのが 早く

天気になると 草刈りが

待ってます、

草が 伸びる ほうが早く

切るのが 間に合わなく

なる さくらやです。

 湿度が多く 過ごしにくい

日々ですが さくらや 店内は 

湿度も感じられない ほど

さわやかな 店内です

無農薬栽培 信州 安曇野産 

さくらやにて お召し 上がり下さい。

Sasamemugi-Sakuraya All Right Reserved since 2010
TOPページ記事数[2667件] 1ページに10件ずつ表示
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267]