画像をクリックすると拡大

【トップ記事検索】
19回目の
チェンソーアート
日本大会が
開催されます、

20回目は
世界大会と
確りと
計画を立てて
流れに
乗ります。

安曇野産 無農薬栽培の
そば粉は 農家との契約にて
長崎県では 当店 さくらや
だけの 販売になります
さくらやでないと 食べれない
信州 安曇野産
そば粉になります。

チェンソーアート
体験 受付中です、

基本さえ マスターすれば
アート体験が
出来ます、
1作品 完成させて
持ち帰れます

全日本チェンソーアート大会
優勝 2連勝 嶋田が
指導いたします。

お尋ねは さくらやまで。

蕎麦粉は 
信州 安曇野産
石臼挽き
無農薬栽培
スープは
天然だしのみの使用。
安心して 
お召し上がりください。

2019年 定休日
毎週 月曜日、火曜日、
第1 日曜日、第3 日曜日、
第5 日曜日は、
さくらや お休みとなります。
イベントなどで お休み
することも あります。

長崎 チェンソーアート 体験受付中、
機材 材料 こちらで準備いたします
作業着 お弁当持ち で起こし下さい
AM 9時から PM 4時までに
1つの作品完成させます、
出来たアートは持ち帰れます
1回目はふくろうのアートになります。
高さ70cm前後 丸さ 27cm前後、
さくらやにて お尋ねください。、

工事中でしたが OK となりました、何なりと お尋ねください。

営業時間
オーブン…AM 11:00
クローズ…PM 3:00
■オーダーストップ
PM 2:30
となっております。

だしは 天然だし 利尻昆布 枕崎産のカツオ  さば ムロアジ うるめ サバ節 時間をかけて とっただし です、そばは もちろん 信州産 無農薬 栽培のそば粉を使用しております。


リンク用バナー

細麦さくらやのおすすめ情報
庭のつばきの木も 沢山の 花のつぼみが 付いて います これから 沢山の 椿の花が 咲くこと でしょう。

毎日寒いですね、さくらやは 薪ストーブのおかげで 快適な 空間が 保たれています、温度を 300度まで 上げると 部屋の温度は 22度 まで 上がります ぼーと するのには 丁度 いいかな?

そろそろ さざんか の 季節も終わりに なりました つぼみの花も少なくなつてきました。

あまり 代わりない さくらや です 自然な草花は 四季により 変わり 今は さざんか が 満開 で 店の周りに沢山 咲いています もうすぐ 椿の花が 店の周り で咲き始める でしょう 、さくらやの周りの竹を 70Cmほどの長さに切り 花瓶をつくります、お店に とけこむように 決まります 椿が咲きだしたら 写真 アツプ します。

雪までは 降らない 天気でしたが さくらや の 外はかなり 寒い1日でした お店の中は 薪ストーブのおかげで ぽつかぽつか な さくらやです、クリスマス ツリーも 確りと インパクト が有りましたが 今日までかな。

 お店がおわつてから 少しずつ 仕上げてきた イーグル やつと 完成 しました、早 飛び立つ 所はきまっており 巣立ちの時は 近いです 完成度は かなり のものだと 自分 なりに 納得した アートになりました、少しは アーチストに ちかずけたかな。 

さくらやの 山菜そば 新蕎麦をスープで食べると そばのかおりは 弱くなりますが そばの 味は濃く そば ならでは のそばの味がします 山菜のシヤキシヤキとした 歯ざわりは まさに 野菜です、食物繊維たっぷりの山菜そば。 

さくらやの かけそば です レンコンバーグ入りで そばのスープに愛称が良く 思わず 笑顔に・・・ 注文する時 かんぼこがはいったの と 注文されます。

寒くなりました 2代目ストーブ 早くも 稼動しております、200〜300度の間で さくらや 26度まで 気温上がります Tシヤツ1枚でもOK ですが 火の管理も 大変 なので そこそこに 薪をいれて ます、忙しい 時は ほったら かし ですが 1度 部屋が暖まる 夕方まで ここち いいです ほのかに 薪を燃やした 匂いが残り 田舎の家にいつ多様な 感じになります。 

こんな ツリーもいいのではないですか イルミネーション ランプも付いて ピカピカと かわいいです、下がってる りんごは 本物 たべれます、サンタのプレゼント 子供のころ かすかに もらった ような 気もしますが?

Sasamemugi-Sakuraya All Right Reserved since 2010
TOPページ記事数[2720件] 1ページに10件ずつ表示
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272]