画像をクリックすると拡大

【トップ記事検索】
19回目の
チェンソーアート
日本大会が
開催されます、

20回目は
世界大会と
確りと
計画を立てて
流れに
乗ります。

安曇野産 無農薬栽培の
そば粉は 農家との契約にて
長崎県では 当店 さくらや
だけの 販売になります
さくらやでないと 食べれない
信州 安曇野産
そば粉になります。

チェンソーアート
体験 受付中です、

基本さえ マスターすれば
アート体験が
出来ます、
1作品 完成させて
持ち帰れます

全日本チェンソーアート大会
優勝 2連勝 嶋田が
指導いたします。

お尋ねは さくらやまで。

蕎麦粉は 
信州 安曇野産
石臼挽き
無農薬栽培
スープは
天然だしのみの使用。
安心して 
お召し上がりください。

2019年 定休日
毎週 月曜日、火曜日、
第1 日曜日、第3 日曜日、
第5 日曜日は、
さくらや お休みとなります。
イベントなどで お休み
することも あります。

長崎 チェンソーアート 体験受付中、
機材 材料 こちらで準備いたします
作業着 お弁当持ち で起こし下さい
AM 9時から PM 4時までに
1つの作品完成させます、
出来たアートは持ち帰れます
1回目はふくろうのアートになります。
高さ70cm前後 丸さ 27cm前後、
さくらやにて お尋ねください。、

工事中でしたが OK となりました、何なりと お尋ねください。

営業時間
オーブン…AM 11:00
クローズ…PM 3:00
■オーダーストップ
PM 2:30
となっております。

だしは 天然だし 利尻昆布 枕崎産のカツオ  さば ムロアジ うるめ サバ節 時間をかけて とっただし です、そばは もちろん 信州産 無農薬 栽培のそば粉を使用しております。


リンク用バナー

細麦さくらやのおすすめ情報
さくらや 北側 外に置いてる イーグル 自分の 居場所を みつけた かのように 泊まっています、お店の中 カウンター席だと 北側になります。薪ストーブの 煙突からの 煙も なんか 絵になつてます。この日 風は 東風 1.5m。

横に 川が流れ 夏には 蛍が飛び交う 阿弥陀川 ちよろ ちよろ と 水が流れています。ミニダンプで 広さは ギリギリ 行ける所まで 行ってダンプ 活躍しています。

ミニ ダンプ 修理し 活躍しだしました 道作りも 機械の修理も コツコツト自分でするしかない なんとか なるから 又 楽しい これで スピードアツプ。

窓の外には 3時間で 作り上げた アートが 店内を 見つめています、紫外線に当たり 木の色が 良い具合に 変わって 良い感じに なつて来ています。

こつこつと もくもくと 道作り 図面もなく その時の 思いつきで 動いてます もちろん 失敗 やり直し は当たり前 です プロの庭師が思いつかない 事を 考えながら 1歩踏み出せば その1歩が 道となる、ためらえば 道はなし。

立ち木のアートに 初雪 さむかったです。 

さくらやで 雪の中 道作り 土とたわむれてると 寒いのも 感じなく 汗かいて 作業してました だいぶん 道らしく なつて 来ました、バツクホーも やつと 手足のごとく 動いて くれるように なり 100人前の 仕事をしてくれます 土を運ぶ為にミニ ダンプも借りてますが 油圧がいまいち 調子が悪く 泥を乗せると ダンプしなくて 原因を探し 整備しました 調子よくなり 明日は 活躍を期待してますが どう...[全文を読む]

さくらや 下のパーキングから 上がれる 歩道の道作りを 2日からしております、西側と北側 2ヵ所から上がれるように、 今日で2日目 バックホーに乗ってますが 早体が 付いて行かない 温泉に入り サロンパスはりめぐり で明日も がんばります。

新年を寿ぎ、自然の恵みに感謝。
   日本のうまさ、
素材へのこだわりやきめ細やかな味付け
365日、日々の変わらぬ歓びのために
  たくさんの笑顔と出会うために
     そば粉は 
長野県 信州産 無農薬 石臼挽
 スープのだしは天然だしに
こだわり 時間をかけて とった
だしです、  今年も 楽しく。

さくらや 予約 持ち帰り そばのみの  営業でした 
朝5時から ダシ作り 20リッター寸胴がフル回転 しました
夕方5時で 完売 ありがとう ございました、
来年 皆様にとつて 素晴らしい 1年で ありますように
あふれん ばかりの 幸せが 訪れ ますように。

今年 1年間 ありがとう ございました。
       細麦 さくらや 店主

Sasamemugi-Sakuraya All Right Reserved since 2010
TOPページ記事数[2651件] 1ページに10件ずつ表示
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266]