画像をクリックすると拡大

【トップ記事検索】
こだわて 無農薬栽培
信州 安曇野産 石臼引き

早 10年になります
これからも こだわり
続けて 無農薬
信州安曇野産
打ちつずけます。

19回目の
チェンソーアート
日本大会が
開催されます、

20回目は
世界大会と
確りと
計画を立てて
流れに
乗ります。

安曇野産 無農薬栽培の
そば粉は 農家との契約にて
長崎県では 当店 さくらや
だけの 販売になります
さくらやでないと 食べれない
信州 安曇野産
そば粉になります。

チェンソーアート
体験 受付中です、

基本さえ マスターすれば
アート体験が
出来ます、
1作品 完成させて
持ち帰れます

全日本チェンソーアート大会
優勝 2連勝 嶋田が
指導いたします。

お尋ねは さくらやまで。

蕎麦粉は 
信州 安曇野産
石臼挽き
無農薬栽培
スープは
天然だしのみの使用。
安心して 
お召し上がりください。

2019年 定休日
毎週 月曜日、火曜日、
第1 日曜日、第3 日曜日、
第5 日曜日は、
さくらや お休みとなります。
イベントなどで お休み
することも あります。

長崎 チェンソーアート 体験受付中、
機材 材料 こちらで準備いたします
作業着 お弁当持ち で起こし下さい
AM 9時から PM 4時までに
1つの作品完成させます、
出来たアートは持ち帰れます
1回目はふくろうのアートになります。
高さ70cm前後 丸さ 27cm前後、
さくらやにて お尋ねください。、

工事中でしたが OK となりました、何なりと お尋ねください。

営業時間
オーブン…AM 11:00
クローズ…PM 3:00
■オーダーストップ
PM 2:30
となっております。


リンク用バナー

細麦さくらやのおすすめ情報
愛知県 東栄で 行われた 日本チェンソーアート大会 第13回 アートのレベルの高さが 良くわかった 大会でした、 デビュー選 頑張りました アート会 の 新人王 ゲットしました 日本1 いい言葉です、まさかの 優勝 2位の方とは 紙一重だったと 思います、いい勉強になりました チェンソーアート やっと スタート地点に辿り 付きました これからが プロとして の出発地点です。 

沢山の クローバーの花が 咲いてます やはり 野の草は 力ずよいです
車に 踏まれても 踏まれても 立ち直っています、見習うかな? 早くもさくらや周りの アジサイが 咲き出しました 一早くさくらやの花瓶には アジサイが さしてあります。

見た目の いい やっでです 、いっも ほっといてるのですが 次から次に新芽が 出てきて いつも 新鮮な 感じのやっで です。

さくらや テラスにある ビワの木 今年も 沢山の 実がなりました、食べごろになると カラスが 美味しいのから 食べだします さくらやの屋根までもっていき 屋根でたべてます この時期 屋根は ビワの種だらけになります、なんとか 飼いならせ ないものか。

山から 切った 木を 沢山 もらい 薪ストーブの 燃料にします、約50cmほどに切り 乾かし 燃料に 冬ごろには 乾いて いい燃料になります、冬の高熱費は いつも 0円で済みますが 準備が 大変です。又この自然の木の曲がりを りょうして 楽しい アートも できます。

西側 テラス の 栗の木は 新芽が 生え終わり 栗の はなの つぼみが 沢山 出てきました 秋には 又 沢山の 栗が落ちて 来る事でしょう。

さくらや 下の 駐車場は 車で踏まれる所は 今は 4つ葉のクローバーが生えてます 今は 沢山の クローバーの花が 咲いてますが 車に ふまれてます。

キャンパーの周りの 草が 残りました、手押し式では ここは 切れないので 草刈り機を 背負い 切らないと 、ぴーぴー豆が 以上に多く 苦戦してます、 農薬は使いたくないので 秋までは 草との 戦いになります。

さくらや は お休み 朝から くさかり 雅夫でしたが 昼からは アーチスト に変身です、次の大会に向けて より よい 作品作りに 頑張らないと まだまだ 進化しないと 今日は かなり 暑い 早 扇風機のお世話に なりました。

何事も 頑張らないと いけませんが 若い時見たいな 動きは 出来るが 体が 持たない 歳になりました 整骨院では いつも 体つかいすぎと
言われてます 休み 休み ツズけないと 今月3匹目のイーグル50%出来上がりです 3時間かかり かたずけでした。今日はここまで。

Sasamemugi-Sakuraya All Right Reserved since 2010
TOPページ記事数[2971件] 1ページに10件ずつ表示
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272] [273] [274] [275] [276] [277] [278] [279] [280] [281] [282] [283] [284] [285] [286] [287] [288] [289] [290] [291] [292] [293] [294] [295] [296] [297] [298]