画像をクリックすると拡大

【トップ記事検索】
19回目の
チェンソーアート
日本大会が
開催されます、

20回目は
世界大会と
確りと
計画を立てて
流れに
乗ります。

安曇野産 無農薬栽培の
そば粉は 農家との契約にて
長崎県では 当店 さくらや
だけの 販売になります
さくらやでないと 食べれない
信州 安曇野産
そば粉になります。

チェンソーアート
体験 受付中です、

基本さえ マスターすれば
アート体験が
出来ます、
1作品 完成させて
持ち帰れます

全日本チェンソーアート大会
優勝 2連勝 嶋田が
指導いたします。

お尋ねは さくらやまで。

蕎麦粉は 
信州 安曇野産
石臼挽き
無農薬栽培
スープは
天然だしのみの使用。
安心して 
お召し上がりください。

2019年 定休日
毎週 月曜日、火曜日、
第1 日曜日、第3 日曜日、
第5 日曜日は、
さくらや お休みとなります。
イベントなどで お休み
することも あります。

長崎 チェンソーアート 体験受付中、
機材 材料 こちらで準備いたします
作業着 お弁当持ち で起こし下さい
AM 9時から PM 4時までに
1つの作品完成させます、
出来たアートは持ち帰れます
1回目はふくろうのアートになります。
高さ70cm前後 丸さ 27cm前後、
さくらやにて お尋ねください。、

工事中でしたが OK となりました、何なりと お尋ねください。

営業時間
オーブン…AM 11:00
クローズ…PM 3:00
■オーダーストップ
PM 2:30
となっております。

だしは 天然だし 利尻昆布 枕崎産のカツオ  さば ムロアジ うるめ サバ節 時間をかけて とっただし です、そばは もちろん 信州産 無農薬 栽培のそば粉を使用しております。


リンク用バナー

細麦さくらやのおすすめ情報
いつものごとく 華麗に テイクオフ リッチの上昇風に乗り グライダーは 350mまで 上昇 海風なので 風は安定しており 空の散歩 風の強い 弱い を 海の海面を 見ながら 判断し 良い上体になつた 時に LD上空の 風向きを 偵察し 良い状態の時に 降りると ターゲット センターに下りる 事が出来ます。風を読み 自然に溶け込み 楽しむ事です。 

対馬エリアーは 曇り 晴れ 長崎は この後 大雨になったとか TOは海風が 5m前後 吹き上がりの風なので 風も農耕で パワーがあり テイクオフには  体重の移動と ブレイクコードの細かいコントロールと  風のまとまりが良いときを見計らい 華麗にテイクオフしなければ カッコわるくなります 。カッコよくテイクオフ = 余裕をもって。 

16日 長崎空港は 雨 昨年と 同じ スタート でした 飛行機も 雲の中 対馬は 曇り んーとべるのかなー?

いつも アートの練習に行ってる 永瀬さんのアート製作場です いつも イーグルばかり でしたが 今回は ふくろうの製作です 標高も高く 澄み切った空気の中の アート製作には もってこいの 場所です 良い作品が出来 上がります。 

意外と 皆さんは 知らない 花です さくらやは 人参の 花も デスプレーしております お客さんが 人参の花 て言ってます。

早そろそろ 走行キョリは37万キロになろうとしています 来月は車検 です、私にとつては 家代わり にもなるし 沢山の 荷物も積めるし ウインド カヌー パラ アート かさばる荷物ばかりですが すんなりと 収まってしまい 私に ピッタリのくるまです 古いですが リッター 11km走てくれます 21年前から 私は エコ運転してます。皆さんは?

さくらや 玄関 灯篭に やっでのは で 1ポイント 良い感じ で おさまって おります。

チェンソー アート 作品も かなり 繊細な 出来上がり となっております、小型の ふくろうは ただいま 3カ月 俟ちとなっております 少々お待ち下さい。イーグルは 完成したものを 販売しております。

さくらや 南側 も 草との 戦いと なります 切っても 切っても はえてきます 雨が 降ると とくにです。

メニューの中で温そば ニシンそば、山菜そば、れんこんバーグ入りかけそばは 6月 までとなります。7月からは 手打ち生ソーメンがスタートします、ソーメンと言えば 乾麺ですが 生麺から 湯がき お出し します、夏 限定となります、生ソーメンが 食べたく なつたら さくらやえ。 お待ちしております。7月から です。 

Sasamemugi-Sakuraya All Right Reserved since 2010
TOPページ記事数[2651件] 1ページに10件ずつ表示
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266]