画像をクリックすると拡大

【トップ記事検索】
19回目の
チェンソーアート
日本大会が
開催されます、

20回目は
世界大会と
確りと
計画を立てて
流れに
乗ります。

安曇野産 無農薬栽培の
そば粉は 農家との契約にて
長崎県では 当店 さくらや
だけの 販売になります
さくらやでないと 食べれない
信州 安曇野産
そば粉になります。

チェンソーアート
体験 受付中です、

基本さえ マスターすれば
アート体験が
出来ます、
1作品 完成させて
持ち帰れます

全日本チェンソーアート大会
優勝 2連勝 嶋田が
指導いたします。

お尋ねは さくらやまで。

蕎麦粉は 
信州 安曇野産
石臼挽き
無農薬栽培
スープは
天然だしのみの使用。
安心して 
お召し上がりください。

2019年 定休日
毎週 月曜日、火曜日、
第1 日曜日、第3 日曜日、
第5 日曜日は、
さくらや お休みとなります。
イベントなどで お休み
することも あります。

長崎 チェンソーアート 体験受付中、
機材 材料 こちらで準備いたします
作業着 お弁当持ち で起こし下さい
AM 9時から PM 4時までに
1つの作品完成させます、
出来たアートは持ち帰れます
1回目はふくろうのアートになります。
高さ70cm前後 丸さ 27cm前後、
さくらやにて お尋ねください。、

工事中でしたが OK となりました、何なりと お尋ねください。

営業時間
オーブン…AM 11:00
クローズ…PM 3:00
■オーダーストップ
PM 2:30
となっております。

だしは 天然だし 利尻昆布 枕崎産のカツオ  さば ムロアジ うるめ サバ節 時間をかけて とっただし です、そばは もちろん 信州産 無農薬 栽培のそば粉を使用しております。


リンク用バナー

細麦さくらやのおすすめ情報
10月28日 琴平パラグライダーカツプが有りました 参加 50名 九州から 何時もの顔ぶれ それに加えて韓国のパラフライヤー10名も参加 琴平に 集まりました 天気は良い天気でしたが 風の向きが悪く かぶりの風 吹き降ろしの風 に プラス 吹き上げの風 最悪の コンデションの中 風を読みきり 集中力を切らさず 飛び きった 私が優勝、小川米30kゲット、 今年度は5月切り株大会5位、対馬大会3位で...[全文を読む]

タバコやと言えば 私が 小学校のころはこんな 感じでした なんとも 懐かしい タバコは二十歳で止めましたが、あーあれから 55年 あのころは 周りは 皆貧乏で でも楽しい日々でした、もう若くもなく 先も 分からず 何事も駆け足で進まないと やりたいことの 半分も出来ないが なんとか 生きています。急げ急げ 先は もう 色んな 意味で もう 見えかけてるぞ、残りの人生はどうなるものか?何事も 1歩出...[全文を読む]

ずらりと ならんだ でこトラ なんか お金 かかってそうですね、懐かしい 、

イギリス ダイアナ妃の実家にあった ステンド グラス なぜか 今は 大分 湯布院に ありました。

もうすぐ クリスマス すぐですよ、 さくらやでは オリジナルのリースの販売もおこなつて おります 同じものは2ッとなく 家の中の 1ポイントとして 家の中を 引き締めて 下さい、サイズは 注文しだいで 大きいサイズも つくれます。

さくらや近くにある 山の上の芝公園 橘湾を見下ろせる 高台にあります 周りには 家もなく アートするには 最高の場所です、アートをしながら 1日を過ごす 出来たアートは販売でき 無駄のない1日になります。

さくらや 玄関は 秋をつげております、北風も吹き出し そろそろ 冬じたく かな。

さくらや西側の テラスにある 栗の木 今年も 確りと 栗の実が毎日 食べるだけ 落ちてきました、お客さんにも 持ち帰り してもらい 食べてもらいました、でも 早 栗も落ちてしまいました 今度は 北側になってる 柿の実 そろそろ ちぎる 時がせまってます。

今回 2人での パホーマンスでした 同じ クラブの 大先輩 Tさん 有難う ございました、これから もっと 大胆に インパクト ある 作品ずくり 頑張ります これからも よろしく。

あじむのパーキング で 泊まりでした この先 もうすぐ 湯布院 寄る場所は いつも 同じ 場所 日本1のコロッケを食べて どんぐりの森に寄る、今回は トトロの暖簾を購入でした さくらや 玄関に さがります、

Sasamemugi-Sakuraya All Right Reserved since 2010
TOPページ記事数[2651件] 1ページに10件ずつ表示
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266]