画像をクリックすると拡大

【トップ記事検索】
1年アット言うまです
人生は短いと思いつつ
今年も年越し蕎麦の
季節になりました

年越し蕎麦
予約販売 開始いたしました
12月31日に蕎麦を打ち
その日のうちに食べてもらう
 今年も頑張って
美味しい蕎麦
打たせてもらいます、

新蕎麦 打ち始めました

信州 安曇野産

無農薬 石臼引き

新蕎麦は 今だけ

美味しいものは

美味しいです。

チェンソーアート
体験 受付中です、

基本さえ マスターすれば
アート体験が
出来ます、
1作品 完成させて
持ち帰れます

全日本チェンソーアート大会
優勝 2連勝 嶋田が
指導いたします。

お尋ねは さくらやまで。

蕎麦粉は 

信州 安曇野産

石臼挽き

無農薬栽培

スープは

天然だしのみの使用。

安心して 

お召し上がりください。

2017年 定休日

毎週 月曜日、火曜日、

第1 日曜日、第3 日曜日、

第5 日曜日は、

さくらや お休みとなります。

イベントなどで お休み
することも あります。

安曇野産の新蕎麦 
香りも 強く 
味も 濃く
麺に こしもあり
新蕎麦 でないと
味わえない 美味しさです。


チェンソーアート長崎スタートさせました、月に3回講習会を開いております、興味ある方は お尋ね下さい。 

工事中でしたが OK となりました、何なりと お尋ねください。

営業時間
オーブン…AM 11:00
クローズ…PM 3:00
■オーダーストップ
PM 2:30
となっております。

だしは 天然だし 利尻昆布 枕崎産のカツオ  さば ムロアジ うるめ サバ節 時間をかけて とっただし です、そばは もちろん 信州産 無農薬 栽培のそば粉を使用しております。


リンク用バナー

細麦さくらやのおすすめ情報
チェンソーアート練習は大分 中津江村まで 土曜日 さくらや閉店してから 移動 200Km 中津江の通り道に ついたて温泉があり 露天風呂え滑り込む 美人の湯で つるつるに なります 写真は24時間営業の温泉 山肌にあるのが 民家風 レストラン 蕎麦 がたべれます チョトかわつたお店です、リフトも有り 無料です。

大村の花火大会 あいにく 風がなく 煙の中の花火でした。

13日。14日。15日。16日。はお盆休みになります、
17日水曜日 11時から 営業いたします。
無農薬 天然だしにこだわり のさくらやです。

日曜日約7時間かかりましたが 立ち木の上の イーグル完成しました 道具は チエン ソーだけで 仕上げました 感覚が少しですが わかるようになりました チェンソーの取り回しも カロヤカニなつてきて 思うように削れるようになつて カッコよくと 心がける 余裕も。 早くシヨータイムをしたいものですが まだまだです。

やはり 難しい 早く仕上げるのも チェンソーアートまだまだ もたもたと してる 練習時間が 足らない 山にでも こもるかな。 

2作目の作品を 外の ヒノキ に チャレンジ します。

チェンソウ アート 最初の作品が完成いたしました 思ったよりも かなり 良い顔に仕上がりました 二作目はさくらや テラスに 樹齢40年のヒノキが 有り 枝打ちして からして しまい これも アートにして
テラスに 残す事に。

まだまだ 道具を 使い切ってない 自分に あつた 道具 知らない事が 多すぎる 自分に あつた道具は 使った瞬間 なにかが 分かる 使い込むと もっと 分かってくる アクセル ゼンカイで トライです。たまには 温泉で 湯つくりと。

さくらやの テラスのヒノキの上にも 私の 師匠の作品が さくらやを 見つめてます この木の下で チェンソーアート そば屋を閉めてから 練習しております 1日1時間 出来ればと 思い 出来る時は 頑張っております 1作めは ほぼ出来上がりました 今度 アツプします。チエンソー早くも バージョン アップしました ゼノアカービング バーから キヤノン バーに交換 しました 刃先が ぶれずに きっちりと ...[全文を読む]

私の 師匠の作品 は 町の バス亭 かんばん になつてます、見とれてバスに 乗り遅れないように。さくらやにも こんな かんばん 近いうちに 俺が つくつてやるー  お楽しみに。

Sasamemugi-Sakuraya All Right Reserved since 2010
TOPページ記事数[2342件] 1ページに10件ずつ表示
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235]