画像をクリックすると拡大

【トップ記事検索】
19回目の
チェンソーアート
日本大会が
開催されます、

20回目は
世界大会と
確りと
計画を立てて
流れに
乗ります。

安曇野産 無農薬栽培の
そば粉は 農家との契約にて
長崎県では 当店 さくらや
だけの 販売になります
さくらやでないと 食べれない
信州 安曇野産
そば粉になります。

チェンソーアート
体験 受付中です、

基本さえ マスターすれば
アート体験が
出来ます、
1作品 完成させて
持ち帰れます

全日本チェンソーアート大会
優勝 2連勝 嶋田が
指導いたします。

お尋ねは さくらやまで。

蕎麦粉は 
信州 安曇野産
石臼挽き
無農薬栽培
スープは
天然だしのみの使用。
安心して 
お召し上がりください。

2019年 定休日
毎週 月曜日、火曜日、
第1 日曜日、第3 日曜日、
第5 日曜日は、
さくらや お休みとなります。
イベントなどで お休み
することも あります。

長崎 チェンソーアート 体験受付中、
機材 材料 こちらで準備いたします
作業着 お弁当持ち で起こし下さい
AM 9時から PM 4時までに
1つの作品完成させます、
出来たアートは持ち帰れます
1回目はふくろうのアートになります。
高さ70cm前後 丸さ 27cm前後、
さくらやにて お尋ねください。、

工事中でしたが OK となりました、何なりと お尋ねください。

営業時間
オーブン…AM 11:00
クローズ…PM 3:00
■オーダーストップ
PM 2:30
となっております。

だしは 天然だし 利尻昆布 枕崎産のカツオ  さば ムロアジ うるめ サバ節 時間をかけて とっただし です、そばは もちろん 信州産 無農薬 栽培のそば粉を使用しております。


リンク用バナー

細麦さくらやのおすすめ情報
ソウメン でもなく うどんでもない 不思議な 麺 細いのに しっかりと 腰があり それに のど越し サイコー の麺 夏場しか 販売してません 食欲がないときでも おかわり したくなる 細麦です、あおためしあれ。 板そばも すんなりと お腹に 入るように 夏場は 少し細めの麺に して 作り上げております お客さんに 合わせて 湯で時間も調整しております。6月23日長崎新聞 とっとって さくらや アップしてもらいました 見てね・・・

今回は 8台の チェンソー 持って行きました 燃料補給 無しで 時間いっぱい 回せる 台数です 今回は 大型の チェンソーを 多く使うように 心掛けて 大切りカットを 沢山 取り入れて 作品の スピードアップ に勤めました 結果 持ち時間 20分前に 作品は 完成 周りを 見渡す ヨュウ が有りました。 大会の力が 見方 してくれました。

今回の 日本大会は 1時間で 1この作品 2時間 X 2時間で 1個 合計2個の作品を 皆さん 作りました この作品は 会場で オークションにかけられ 販売されます 売り上げ金は 東北の地震災害に 寄付されました。災害地域のお役に立てたらと サーバの皆さん 皆おなじきもちでしょう。写真は 私の 優勝した 作品が オークションに 賭けられた時のものです。

1時間にて 1個の 作品 完成 パホーマンス 勉強になりました 次からは 私も デモのときは カッコよく まねして 動かないと、

来年は ステップアツプ 総合チャンピョン 目標ですが これが 取れると 本当の意味での 日本 1です、 まだまだ 皆さんのレベルの合わせるのに2〜3年かかりそう。

日本大会ともなると アーチストも 男性だけではなく 女性も参加 しっかり 頑張り 男性サーバーを 押さえて 3位 たくましい、楽しみましたね 又来年 東栄で お会いしましょう。

世界永久チャンピョン ブライアンによる ハンド メイドのカップです、
これは 値打ちもの 来年はプロ級で チャレンジです。

ブライアン ルース 世界 永久チャンピョン 私の 優勝 喜んで くれました。

1日2時間 × 2日間 計 4時間で 作品を 作り上げ 完成度 アイデア パホーマンスせい で審査され 上位が 決まります。

愛知県 東栄で 行われた 日本チェンソーアート大会 第13回 アートのレベルの高さが 良くわかった 大会でした、 デビュー選 頑張りました アート会 の 新人王 ゲットしました 日本1 いい言葉です、まさかの 優勝 2位の方とは 紙一重だったと 思います、いい勉強になりました チェンソーアート やっと スタート地点に辿り 付きました これからが プロとして の出発地点です。 

Sasamemugi-Sakuraya All Right Reserved since 2010
TOPページ記事数[2800件] 1ページに10件ずつ表示
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272] [273] [274] [275] [276] [277] [278] [279] [280]