画像をクリックすると拡大

【トップ記事検索】
19回目の
チェンソーアート
日本大会が
開催されます、

20回目は
世界大会と
確りと
計画を立てて
流れに
乗ります。

安曇野産 無農薬栽培の
そば粉は 農家との契約にて
長崎県では 当店 さくらや
だけの 販売になります
さくらやでないと 食べれない
信州 安曇野産
そば粉になります。

チェンソーアート
体験 受付中です、

基本さえ マスターすれば
アート体験が
出来ます、
1作品 完成させて
持ち帰れます

全日本チェンソーアート大会
優勝 2連勝 嶋田が
指導いたします。

お尋ねは さくらやまで。

蕎麦粉は 
信州 安曇野産
石臼挽き
無農薬栽培
スープは
天然だしのみの使用。
安心して 
お召し上がりください。

2019年 定休日
毎週 月曜日、火曜日、
第1 日曜日、第3 日曜日、
第5 日曜日は、
さくらや お休みとなります。
イベントなどで お休み
することも あります。

長崎 チェンソーアート 体験受付中、
機材 材料 こちらで準備いたします
作業着 お弁当持ち で起こし下さい
AM 9時から PM 4時までに
1つの作品完成させます、
出来たアートは持ち帰れます
1回目はふくろうのアートになります。
高さ70cm前後 丸さ 27cm前後、
さくらやにて お尋ねください。、

工事中でしたが OK となりました、何なりと お尋ねください。

営業時間
オーブン…AM 11:00
クローズ…PM 3:00
■オーダーストップ
PM 2:30
となっております。

だしは 天然だし 利尻昆布 枕崎産のカツオ  さば ムロアジ うるめ サバ節 時間をかけて とっただし です、そばは もちろん 信州産 無農薬 栽培のそば粉を使用しております。


リンク用バナー

細麦さくらやのおすすめ情報
完成しました、ちょと失敗しましたが お店の看板にしょうかと 思っています。

5時間ほど 削り ほぼ 完成です 木を少し乾かして サンド ペーパで仕上げて 完成です 大きさは 直径33cmで 少し 大き目のフクロウです 年内に 出来上がる でしょう、

杉の木で カレーを 何でも 削れないといけません お店のデスプレイにと頼まれた そうですが なんか うまそーかなり 肉厚ですよ。

さくらやの薪ストーブ かなり 活躍しております 朝1番に 火を入れる事が 日課になって、大体21度から23度で 部屋全体が 暖まります、温度は 上も下も 同じ温度で 保っていますので 足元も 暖かく 体全体が ほんわり して来ます、寒い時は さくらや え お越し下さい。

プロ として 活躍できたらと思い 練習 練習の毎月でしたが 今年は大会でも 優勝出来たし これだけはと思い 買てしまった チェンソウです 燃料ノン補給 3時間で 1つのアート完成出来る ように なりました、早い時は 1つのアート 1時間で 完成させるように なりました、まだまだ これからが 大変です 来年も練習 練習で、イベントで活躍できたらと思っていますが。 

やはり チェンソーを持つと 皆さん 変身します フル スロットルで 絵との蛇が みるみると 出来上がて 行きます さくらやの玄関に 正月は デスプレイしてます 蛇だから 皆さん 嫌がらないかな?

今年 削りおさめ と言う事で 皆さんで 来年の 絵と 蛇を 作ることに ・

日田から 中津江村に向かう途中に有りました、シンプルさが 良い感じで かなり 高い 木でした、ごちやごちしてるのよりも ずーと 上等です。

何でも 私にすると 昔話になってしまいますが、子供のころは クリスマス イコール ケーキ でした 普段は食べる事は ほとんどなく いつも食べれるものではなかった、ほとんどの家庭はそうでしたから、間違いなくケーキが食べれるのが クリスマスと言う事でした、このころが なんか 良かった見たいな。

戦後の写真だと 思いますが 子供の顔から暖かさが伝わってきそうな笑顔です、 今みたいに便利なものもなく 家のてつだいを当たり前のようにしていた 時代 子供は誰の子でも みんなで 育てれば いいと言ってた時代です、子供にとっては このころが 人間としては 人間らしかったのかも 今の時代のちびっ子は時間に追われる決め事が多く 本当に子供として楽しいのだろうか ???写真のような 笑顔は 今の子供からは...[全文を読む]

Sasamemugi-Sakuraya All Right Reserved since 2010
TOPページ記事数[2617件] 1ページに10件ずつ表示
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262]