画像をクリックすると拡大

【トップ記事検索】
安曇野産 無農薬栽培の

そば粉は 農家との契約にて

長崎県では 当店 さくらや

だけの 販売になります

さくらやでないと 食べれない

信州 安曇野産

そば粉になります。


チェンソーアート
体験 受付中です、

基本さえ マスターすれば
アート体験が
出来ます、
1作品 完成させて
持ち帰れます

全日本チェンソーアート大会
優勝 2連勝 嶋田が
指導いたします。

お尋ねは さくらやまで。

蕎麦粉は 

信州 安曇野産

石臼挽き

無農薬栽培

スープは

天然だしのみの使用。

安心して 

お召し上がりください。

2017年 定休日

毎週 月曜日、火曜日、

第1 日曜日、第3 日曜日、

第5 日曜日は、

さくらや お休みとなります。

イベントなどで お休み
することも あります。

長崎 チェンソーアート 体験受付中、

機材 材料 こちらで準備いたします

作業着 お弁当持ち で起こし下さい

AM 9時から PM 4時までに

1つの作品完成させます、

出来たアートは持ち帰れます

1回目はふくろうのアートになります。

高さ70cm前後 丸さ 27cm前後、

さくらやにて お尋ねください。、

 

工事中でしたが OK となりました、何なりと お尋ねください。

営業時間
オーブン…AM 11:00
クローズ…PM 3:00
■オーダーストップ
PM 2:30
となっております。

だしは 天然だし 利尻昆布 枕崎産のカツオ  さば ムロアジ うるめ サバ節 時間をかけて とっただし です、そばは もちろん 信州産 無農薬 栽培のそば粉を使用しております。


リンク用バナー

細麦さくらやのおすすめ情報
さくらや で 販売 しています ふくろうと 爆発してる 花です。

それなりに 爆発らしく 表現できてる ようです 素晴らしい、奥行きといい 幅といい 高からず  炎が 横に 広がつて 行ってる 感じは 最高に いいですね。 

いたる 所から 顔を出します 最近は ゆだん すると 西側は 竹の子だらけ 破竹がおもですが 草刈機で 切りたおしております そのまましてると 竹だらけになつてしまうから まだまだ 竹との 戦いが つずきそう。

玄関 入り口 左側に 見事に 咲きました 今度は 鉢植えに チヤレンジ かな。

爆発 第3弾 良い感じ出来ました、1番テーブル にセット いいぐあいに おさまっております。 

今年正月から ぼちぼちと 道ずくり してましたが なんとか 通れる ようになりました 案内版を 取り付けております 左に行くと 玄関 右に行くと テラスになって おります どちらから でも どうぞ。

さくらや 回りは 自然にかこまれ 夜は 蛍が 飛んでる さくらやですが 大分中津江村は 九州の真ん中 自然も でかい 標高も高く 澄み切った 空気 と 水 太陽の日差しも心地よく 私にとっては 楽しみながら 好きな事が出来る 場所 森林組合の仕事で 山の手入れとか  出来たら 楽しそう、次になにか 出来るのなら こんな 仕事が して見たいと 思う 今日このごろです。今度の日曜日、月曜日は中津江にて...[全文を読む]

森山唐子北にある 桜や 秋にむけて 花の 苗を今 沢山 植えています 苗を分けてもらい 桜やの周りに 植えてます 昨年 とれた 種も いたる処に まいています 朝と 夕方 は水やりの仕事が 増えました、最近ですが お客さんから 対馬の木 なんじや もんじやの木を いただきました 2mほどの 高さまで 植木バチで 育っていますが もう 限界と言う事で 桜屋さんに 植えて下さいとの事 で いただきまし...[全文を読む]

森山町唐子北 さくら道理は 今は アジサイの花が つぼみを つけて 準備中です 今年も アジサイ ドーロは 健在のようです さくらや店内も アジサイの花が あと 少しで 見れる ように なります。課題 爆発の花も 店内に ピッタリ です なんだか 花に 気をつかう 時間が増えたような きが、?

さくらや西側にある テラス 今 4匹の熊が 置いて有ります、前から 家にいた 熊ですが 今は さくらや テラスに アート製作をするようになり 良く 眺めて います アイヌの方が 削られた くま やはり 繊細に 削り あげてます そのうちに 私が 同じように チェンソーアートで チャレンジします。お楽しみに。 

Sasamemugi-Sakuraya All Right Reserved since 2010
TOPページ記事数[2417件] 1ページに10件ずつ表示
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242]