画像をクリックすると拡大

【トップ記事検索】
19回目の
チェンソーアート
日本大会が
開催されます、

20回目は
世界大会と
確りと
計画を立てて
流れに
乗ります。

安曇野産 無農薬栽培の
そば粉は 農家との契約にて
長崎県では 当店 さくらや
だけの 販売になります
さくらやでないと 食べれない
信州 安曇野産
そば粉になります。

チェンソーアート
体験 受付中です、

基本さえ マスターすれば
アート体験が
出来ます、
1作品 完成させて
持ち帰れます

全日本チェンソーアート大会
優勝 2連勝 嶋田が
指導いたします。

お尋ねは さくらやまで。

蕎麦粉は 
信州 安曇野産
石臼挽き
無農薬栽培
スープは
天然だしのみの使用。
安心して 
お召し上がりください。

2019年 定休日
毎週 月曜日、火曜日、
第1 日曜日、第3 日曜日、
第5 日曜日は、
さくらや お休みとなります。
イベントなどで お休み
することも あります。

長崎 チェンソーアート 体験受付中、
機材 材料 こちらで準備いたします
作業着 お弁当持ち で起こし下さい
AM 9時から PM 4時までに
1つの作品完成させます、
出来たアートは持ち帰れます
1回目はふくろうのアートになります。
高さ70cm前後 丸さ 27cm前後、
さくらやにて お尋ねください。、

工事中でしたが OK となりました、何なりと お尋ねください。

営業時間
オーブン…AM 11:00
クローズ…PM 3:00
■オーダーストップ
PM 2:30
となっております。

だしは 天然だし 利尻昆布 枕崎産のカツオ  さば ムロアジ うるめ サバ節 時間をかけて とっただし です、そばは もちろん 信州産 無農薬 栽培のそば粉を使用しております。


リンク用バナー

細麦さくらやのおすすめ情報
磨き上げ クリアー塗装 Uブイカットですので 外に置いても ガードしてくれる でしょう、良い感じに 光ってってます。

2013年 最後の お仕事でした なんとか それなりの お馬さん 完成し 良かった、人間らしく楽しみながらのアート 自由に自然と思うが侭に 頑張れました。今年1年間は 午年 に あやかって 何事も 思う事 思うがままに なしとげて 思う事なき 馬く 行きます様に。 

あけましておめでとうございます。

本年も宜しくお願い致します。

サクラや1月スタートは  14日 火曜日から 営業となります。 

サクラの木の 横に咲いてる 椿 です 色合い が かなりいいです さくらやの 花瓶にも なげこんで います、

今回 私の 作品も 会場に展示 皆さんに 楽しんで もらったようです、

今回で 4回になります 素晴らしい 場所 ドームもでかい、こんな所で 大会 ひらいて 頂き 感謝 感謝 です、チェンソーアートのサーバーも少ない 中 こんなに 楽しい 大会を開いて 頂き 本当に 感謝です、イイ作品を 作る事が 恩返しと 思い 前進していきます。

今回 お馬さん 彫刻ですので 丸太の 芯が 黒い色の 丸太がいいのですが 丸太は くじ引きで 決めます、引いた くじは おおはずれ 色が薄く お馬さんには にあわない 色での スタートでした、まーこれも うん ですので 仕方ないですが、今回は 8台のチェンソー持ち込みました 大会は3時間で完成させないと いけないのですが 燃料補給なしで乗り切れます 失敗なく 行けたら 狙えると 思っての スタートです。

まずは ブロックカット 作品の よし わるしは ここで きまります シンチョウニ カット 1番 大きな チェンソーで 大胆に 切りますが 失敗も おおいのです。

顔の 骨格が 目立つ ように 削り出しです かなり シビアーなので 力が 抜けない 作業です、出てる 骨を 削りすぎないように前え 2時間30分でお馬さんは仕上げ 残り30分で 台の切り込みをしないと 終わりません 時計を見ながら調整です、この時点で チェンソーが 3台使えなくなりました 1台は バーから チェンが外れでしまい、あとの2台はチエンオイルが つまり チエンが ロックしてしまいました、しかたなく動くチェンソウに 燃料補給しスタート 少し時間的には送れましたが 3時間で 終わらせるには 影響なく よかったです。

Sasamemugi-Sakuraya All Right Reserved since 2010
TOPページ記事数[2800件] 1ページに10件ずつ表示
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272] [273] [274] [275] [276] [277] [278] [279] [280]