画像をクリックすると拡大

【トップ記事検索】
蕎麦粉は 

信州 安曇野産

石臼挽き

無農薬栽培

スープは

天然だしのみの使用。

安心して 

お召し上がりください。

2017年 定休日

毎週 月曜日、火曜日、

第1 日曜日、第3 日曜日、

第5 日曜日は、

さくらや お休みとなります。

イベントなどで お休み
することも あります。

安曇野産の新蕎麦 
香りも 強く 
味も 濃く
麺に こしもあり
新蕎麦 でないと
味わえない 美味しさです。


チェンソーアート長崎スタートさせました、月に3回講習会を開いております、興味ある方は お尋ね下さい。 

工事中でしたが OK となりました、何なりと お尋ねください。

営業時間
オーブン…AM 11:00
クローズ…PM 3:00
■オーダーストップ
PM 2:30
となっております。

だしは 天然だし 利尻昆布 枕崎産のカツオ  さば ムロアジ うるめ サバ節 時間をかけて とっただし です、そばは もちろん 信州産 無農薬 栽培のそば粉を使用しております。


リンク用バナー

細麦さくらやのおすすめ情報
ヤフーで そば処長崎と検索すると なんと 1ページNO,1でアツプされてます 皆さん見てくれてるんですね、宣伝はしないのに お客さんの口コミで見てもらってると思います ありがとう ございます とても嬉しい事です、季節とともに さからわず 時の過ぎ行くごとくに さくらやの 秋も終わり もみじの葉もほとんどが 落ち葉に 北側にある 柿ノ木といちょうの木は早くから 冬じたくで 枝だけになつて 日当たりが...[全文を読む]

新蕎麦に秋の紅葉した もみじが良くにあいます 世の中不況で大変な時なのですが 癒しの館 さくらやでは 時の流れはゆつくりと流れ 平和な気分になります なぜだか?世の中うまく行かない時こそ 心豊かに生きていくという事です、新蕎麦を食べながら周りを見ると、 秋が 駆け足で過ぎ去って 行ってるのを 山の木の葉が教えてくれてます。

今しか 食べれない 秋そば 丁重に打った蕎麦を 食する まずはそのまま食べ 次は海潮をかけ食する 口に入れるだけで 蕎麦の香りが鼻からぬける まさに 新そばの味わいが する 蕎麦ずきな方には たまらない 瞬間になる事 間違い ないでしょう。つけだれを使わずに 板そば1枚ぺろりと 胃の中え 今しか食べれない 季節限定の新蕎麦です。そば粉は信州産 石臼挽き で 無農薬栽培、つゆは 天然だしにとことんこ...[全文を読む]

やはり 出店はなくては ならないもの お昼は佐賀牛のBQでした 肉を買って 自分で焼いて食べる 囲炉裏も100台以上準備して有り 順番待ちで使用OK。出店はみんなで 何件あつたのかなー?1000店舗近くあつたのでは? そんな 大きな 大会でした。

今回は5日間 毎日飛べたとか 珍しい レースも15タスクをクリアーしたとか スタフの皆さん お疲れ 様。大会延べ人数 はなんとなんと 95万人の人出 半端では 人 人 人 でした 会場の中にマットを敷きお昼ねしながら 人間 観察 いやー 楽しかった 色んな 人がいました その中の 1人は 俺でした。

川の上に座りながら バルーン観戦 カヌー仲間も 被り物で観戦 エンジンで空飛ぶ仲間も 5機並んでの飛行 長崎組は 昨年 支持道理飛ばなかった との事でバルーン大会側から今年は飛ばないで下さいとの事でした、ならば カヌーしかないかな と カヌーを浮かべて 楽しいバルーン大会観戦になりました。 

バルーン 夜のお楽しみ 音楽に合わせてバーナー ON 見ごたえあり。今年も 楽しませて もらいました。

秋ふかし 栗のみも 早落ちてしまいました 自然の恵みに時は止まらず、お客さんに くりひろいしてもらい 持ち帰り 栗ご飯 渋皮に 秋を楽しんで もらいました でしょうか? 日本の紅葉前線 北海道から 早 長崎にたどり付くのも 時間の問題でしょう 長崎の人は おくんちが過ぎると早正月が来ると 言いますが その通り 早正月です 準備は 計画は ありますか?  

9月18日阿蘇矢護山の大会にエントリー 参加 53名 第1回 大会 風はアゲンスト 2m 快晴 熊本空港 熊本市内 遠くは 平成新山が 見えている TOより 1人2回のフライト より正確に円の中心に降りるか 1cm単位で計り 得点を競い合う 競技です、対馬の大会2連勝につずき 今回も 私が トップ で 優勝 賞品 米60kg ゲット さくらや の まぜご飯に使わせて もらいます。 さくらや おこし...[全文を読む]

さくらやのテラス には 毎日食べるだけの 栗の実が落ちてきます 自然の恵み ありがたや ありがたや なーば-さんや。

Sasamemugi-Sakuraya All Right Reserved since 2010
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206]
TOPページ記事数[2059件] 1ページに10件ずつ表示