画像をクリックすると拡大

【トップ記事検索】
1年アット言うまです
人生は短いと思いつつ
今年も年越し蕎麦の
季節になりました

年越し蕎麦
予約販売 開始いたしました
12月31日に蕎麦を打ち
その日のうちに食べてもらう
 今年も頑張って
美味しい蕎麦
打たせてもらいます、

新蕎麦 打ち始めました

信州 安曇野産

無農薬 石臼引き

新蕎麦は 今だけ

美味しいものは

美味しいです。

チェンソーアート
体験 受付中です、

基本さえ マスターすれば
アート体験が
出来ます、
1作品 完成させて
持ち帰れます

全日本チェンソーアート大会
優勝 2連勝 嶋田が
指導いたします。

お尋ねは さくらやまで。

蕎麦粉は 

信州 安曇野産

石臼挽き

無農薬栽培

スープは

天然だしのみの使用。

安心して 

お召し上がりください。

2017年 定休日

毎週 月曜日、火曜日、

第1 日曜日、第3 日曜日、

第5 日曜日は、

さくらや お休みとなります。

イベントなどで お休み
することも あります。

安曇野産の新蕎麦 
香りも 強く 
味も 濃く
麺に こしもあり
新蕎麦 でないと
味わえない 美味しさです。


チェンソーアート長崎スタートさせました、月に3回講習会を開いております、興味ある方は お尋ね下さい。 

工事中でしたが OK となりました、何なりと お尋ねください。

営業時間
オーブン…AM 11:00
クローズ…PM 3:00
■オーダーストップ
PM 2:30
となっております。

だしは 天然だし 利尻昆布 枕崎産のカツオ  さば ムロアジ うるめ サバ節 時間をかけて とっただし です、そばは もちろん 信州産 無農薬 栽培のそば粉を使用しております。


リンク用バナー

細麦さくらやのおすすめ情報
さくらや西側にある テラス 今 4匹の熊が 置いて有ります、前から 家にいた 熊ですが 今は さくらや テラスに アート製作をするようになり 良く 眺めて います アイヌの方が 削られた くま やはり 繊細に 削り あげてます そのうちに 私が 同じように チェンソーアートで チャレンジします。お楽しみに。 

今仕上げに入ってる 3匹の イーグルです、来月には 出来上がり 販売 予定です 強さを表現する イーグルですが 木目を 利用して 胸にハート マークが 浮かび上がりました カッコ いいと言っていいのか かわいいと 言っていいのか どっちにしても 木を削り アートを作れば 同じものは 出来ず 変化に 飛んで ます 面白い 木があれば 楽しい アートになります。

さくらや で 販売しています ふくろうと 5月のはなです。

テーマ 爆発 第3  やはり 3番目 1番 爆発感が 出てると 思います 花びらにウエーブと ラセンが入り良い感じです 1番テーブルに セット ピッタリと おさまっております。

中津江村 周辺は 温泉 だらけ その中でも やはり お気に入りは はげの湯 地域の裕香 露天風呂は 自然の森の中 と いつた 感じ 広々とした 露天は アート で 疲れた 体の 癒しの 場所です 空気は 綺麗 水は 地下水 コーヒーを 入れると 格別な コーヒーに 温泉の蒸気で 蒸して 料理が出来るようにも なっております、泊まりは Pで車での 泊まり OK 皆さん 泊まって おられます。

永瀬 会長宅で アートの 練習 沢山の 作品が置いてあり かなり 勉強になります 会長宅で 削ると いい作品が出来ます 材料も 地元の杉を 使い けずりしあげまで 会長のアドバイスも 繊細で わかりやすく 環境も 良いところで 練習が出来ます、まだまだ 頑張らないと いけません。

今回 24回目を迎えた パラの大会 全国でも これだけ長く 開催されてる 大会はあまりないと 思います 第1回めから 優勝は 米 300kg 今も かわらず 優勝 米 300kg なかなか とれません 自然相手の スポーツ まさに 風 しだい かな。

俵クラブハウス近くに 有ります てずくり ログ こつこつと 何年もかけて 楽しみながら 好きな 用に ログ 作り 畑も かざんもあり これから スローライフがまっていますね、風が 良いときは 空の散歩ですね。

空の散歩と思い 俵山え あいにくの 爆風 ホロー 飛ぶのは 残念し チェンソーアート 開始 校長の土地に生えてる 50年ほどの 杉の木を 分けて もらい スタート 周りに 家もなく アクセル 全開で 目指すところはアーチスト。

薪ラック 製作 鉄筋の溶接も終わり ペイントも終わり 屋根は ? 考えた末 周りに はえてる 竹を屋根瓦の変わりにと 竹を切り 半分に割り 屋根作り 戸井も 竹 ですね。

Sasamemugi-Sakuraya All Right Reserved since 2010
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221]
TOPページ記事数[2208件] 1ページに10件ずつ表示