画像をクリックすると拡大

【トップ記事検索】
安曇野産 無農薬栽培の

そば粉は 農家との契約にて

長崎県では 当店 さくらや

だけの 販売になります

さくらやでないと 食べれない

信州 安曇野産

そば粉になります。


チェンソーアート
体験 受付中です、

基本さえ マスターすれば
アート体験が
出来ます、
1作品 完成させて
持ち帰れます

全日本チェンソーアート大会
優勝 2連勝 嶋田が
指導いたします。

お尋ねは さくらやまで。

蕎麦粉は 

信州 安曇野産

石臼挽き

無農薬栽培

スープは

天然だしのみの使用。

安心して 

お召し上がりください。

2017年 定休日

毎週 月曜日、火曜日、

第1 日曜日、第3 日曜日、

第5 日曜日は、

さくらや お休みとなります。

イベントなどで お休み
することも あります。

長崎 チェンソーアート 体験受付中、

機材 材料 こちらで準備いたします

作業着 お弁当持ち で起こし下さい

AM 9時から PM 4時までに

1つの作品完成させます、

出来たアートは持ち帰れます

1回目はふくろうのアートになります。

高さ70cm前後 丸さ 27cm前後、

さくらやにて お尋ねください。、

 

工事中でしたが OK となりました、何なりと お尋ねください。

営業時間
オーブン…AM 11:00
クローズ…PM 3:00
■オーダーストップ
PM 2:30
となっております。

だしは 天然だし 利尻昆布 枕崎産のカツオ  さば ムロアジ うるめ サバ節 時間をかけて とっただし です、そばは もちろん 信州産 無農薬 栽培のそば粉を使用しております。


リンク用バナー

細麦さくらやのおすすめ情報
皆さん強めの風にて 苦戦してるもよう サポートが 何人も お手伝いしてました。

5月3日玖珠れんげカツプ 今年で23回め こんなに つずいてる大会も珍しいのではないでしょうか、1日、2日も天気が 良く 力を入れての練習でした サーマルはまーまーの上がりで 2日ともに 羽山トップ アウト 1300m雲底に付けられました、やはり春のサーマルは 楽しい。少し強めの風で ゲートオープンでした。

この日は天気にも恵まれて 世界ワールドカップ、チャンピョンのカリーと 2700mからのテイクオフ でした ホワイト キャツプを遠めに見ながらのフライト サーマルハはそれほど 強くなく 8止まりの リフトで余裕の空中散歩でした 又 トライ出来るチャンスがあれば いいのだが。時のたつのは早く 人生は 短い。


まずは大会のため 大分玖珠え移動です、2日練習日 天気は いいみたいですが 風向きが 問題ですが 3日朝からは 長崎の仲間も駆けつけます、イイ飛びをし まずは トップを目指さないと、頑張ります。

暖かくなってきました、草木の 延びる季節になりました 今から 草との戦いになります 草も長く伸ばしてしまうと 切るのに かなり 大変になります、少し延びたら 切り 少し延びたら 切りの方が草刈りも 簡単ですが そんな 暇もなく 油断すると すぐに 延びてしまいます、草刈りが終わると 草のにおいが 次の日まで さくらやの周りでしています。

なんじや もんじやの木 対馬の木とも言いますが 北側に昨年植えましたが 今白い花が咲いてます 木の成長が早く 木一杯に花が咲くようになり 見栄えのする はなです 今頃対馬では 沢山咲いてるはなです さくらやのなんじやもんじやも来年は 沢山花がさくように 手を入れないと。

今年も沢山の花が咲いてます 地域的には あまり いい環境ではないのですが オレンジが実をつけて くれます 木から落ちるまで 待って 熟れたのを 食べてます、オレンジの実は 野鳥が 大好きで 半分に切っておくと すぐに 飛んで来て 食べてます、来年も 沢山 実がなりますように。

さくらや西側にある甘夏の木 今年も 収穫 と なりました 新たに 新芽が出て 花が 咲いています。

サクラや 玄関 3年前に植えた もみじの木 2本とも 元気に 育っています サクラが 終わると もみじの葉が 勢い良く咲き出し グリーンの色合いが とても イイ感じになって おります、お店の周りの木の葉も 新芽が とても きれいです、自然の すごい パワーを感じます・・

Sasamemugi-Sakuraya All Right Reserved since 2010
TOPページ記事数[2507件] 1ページに10件ずつ表示
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251]