画像をクリックすると拡大

【トップ記事検索】
蕎麦粉は 

信州 安曇野産

石臼挽き

無農薬栽培

スープは

天然だしのみの使用。

安心して 

お召し上がりください。

2017年 定休日

毎週 月曜日、火曜日、

第1 日曜日、第3 日曜日、

第5 日曜日は、

さくらや お休みとなります。

イベントなどで お休み
することも あります。

安曇野産の新蕎麦 
香りも 強く 
味も 濃く
麺に こしもあり
新蕎麦 でないと
味わえない 美味しさです。


チェンソーアート長崎スタートさせました、月に3回講習会を開いております、興味ある方は お尋ね下さい。 

工事中でしたが OK となりました、何なりと お尋ねください。

営業時間
オーブン…AM 11:00
クローズ…PM 3:00
■オーダーストップ
PM 2:30
となっております。

だしは 天然だし 利尻昆布 枕崎産のカツオ  さば ムロアジ うるめ サバ節 時間をかけて とっただし です、そばは もちろん 信州産 無農薬 栽培のそば粉を使用しております。


リンク用バナー

細麦さくらやのおすすめ情報
今回は 長年のフライト仲間 兄ちゃんが ターゲツト センターに 降りてしまいました 本人も ビックリ 結果 3位 賞金 30万ウオンゲット いつも にこにこ 兄ちゃんが ますます にこにこ顔でした。

山道を荷物と人を満載して TO え かなり遠く 1日1本のフライトで良いかも、TO はかなり 良い感じに手が入れて有り テイクオフ にはブレッシヤーなし 無風でも簡単にテイクオフ出来ます、この日風はアゲンスト1m すぐに私はテイクオフ 尾根ずたいに川の方向に流し 最初の谷間の前でサーマルをひらい 上げなおし  TO まで戻り 写真を1枚 あとでバリオを見たら 1500m止まりでした この山なら時間帯天気...[全文を読む]

手前河原がLD 2カ所セツト してあり どちらに降りても OK さてここまで何人とどくか? 1フライト勝負です、私の GPS が衛星を感知しなくてLDからTOまでの距離を測れず 正確な距離は分からず?私の感で約10kmぐらいかな?写真1番奥の高い山の裏側がテイクオフになつてます、TOからLDは見えません、韓国で1番に国定公園になつた山とか 言ってましたが。

そば愛好会の皆さん 4日もお休みすいませんでした。8日福岡からJR ゼットホイルにて韓国え、このジットホイルは現役時代ダイバーでした私が夜に外回り及び船底の点検整備をしていたゼツト船です、今は私と同じだいぶん古くなりましたが まだ大丈夫でしょう・釜山から高速で4時間30分北側え移動 した所にある兄弟山 TO、1100mからのテイクオフ LD まではかなり 離れており 楽しみながらの フライトになりそうな...[全文を読む]

さくらや のテラスは 落ちてくる 栗の実 が 秋をつげています
毎日食べる だけ 落ちてきます ありがたや ありがたや 自然の恵みに
今年も 柿の実は ならず 2年つずきの 柿なしの年になりました、
来年は 沢山 なりますように 。今年の えと ウサギのストラップ てずくり です 250えん です。

参加 4名 この日の作品の前で 1枚。

10月2日大分県日田市中津江村 鯛生金山にて チエンソー アートのでもに参加 お客さんが 見てるとこでのアート なんか 良い感じ なんだか 人が気にならず 作品作りに 集中できましたが なかなか 上手く出来ず 苦戦 まだまだ ですね 他の3名は 早々と完成 もっと 早く
削れる ように ならないと いけません。

24時間無料の足湯 日によって 湯の温度がちがう 
まぐまが近くなると 熱くなるのかな?
ごろとなる 休憩場も有り 夏は朝まで ごろり OK
吹き出す蒸気を利用した 蒸し器も有り 色んな ものを
蒸して食べれます、川の横に車を止めて 泊まる事も OK
綺麗な トイレもあります。

九州では やはり 阿蘇内輪山の そばが 1番 美味しいでしよう そばの育つ 条件が 昼間は 暖かく 夜は 冷え込み 温暖の差が 大きいほど 良い蕎麦が 出来ます 阿蘇には そば道場も有り 自分で 打つた そばを 食べるのも 良し でしよう。

今回もさくらや終わりましてから 熊本阿蘇俵山火の鳥へ移動。 
高速で熊本インターで下り西原村を通り久木野温泉へ滑り込む。 
さくらやから200km3時間かかりました。
ここの温泉は 湯の温度が私向きで 露天でひと寝入りするのに 丁度良い温度です。PM10時まで 300円です。
 
今日はここのパーキングでお泊りです。 
夜はかなり冷え込み 冬用のシュラフで丁度いいです。

25日は...
[全文を読む]

Sasamemugi-Sakuraya All Right Reserved since 2010
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206]
TOPページ記事数[2059件] 1ページに10件ずつ表示