画像をクリックすると拡大

【トップ記事検索】
19回目の
チェンソーアート
日本大会が
開催されます、

20回目は
世界大会と
確りと
計画を立てて
流れに
乗ります。

安曇野産 無農薬栽培の
そば粉は 農家との契約にて
長崎県では 当店 さくらや
だけの 販売になります
さくらやでないと 食べれない
信州 安曇野産
そば粉になります。

チェンソーアート
体験 受付中です、

基本さえ マスターすれば
アート体験が
出来ます、
1作品 完成させて
持ち帰れます

全日本チェンソーアート大会
優勝 2連勝 嶋田が
指導いたします。

お尋ねは さくらやまで。

蕎麦粉は 
信州 安曇野産
石臼挽き
無農薬栽培
スープは
天然だしのみの使用。
安心して 
お召し上がりください。

2019年 定休日
毎週 月曜日、火曜日、
第1 日曜日、第3 日曜日、
第5 日曜日は、
さくらや お休みとなります。
イベントなどで お休み
することも あります。

長崎 チェンソーアート 体験受付中、
機材 材料 こちらで準備いたします
作業着 お弁当持ち で起こし下さい
AM 9時から PM 4時までに
1つの作品完成させます、
出来たアートは持ち帰れます
1回目はふくろうのアートになります。
高さ70cm前後 丸さ 27cm前後、
さくらやにて お尋ねください。、

工事中でしたが OK となりました、何なりと お尋ねください。

営業時間
オーブン…AM 11:00
クローズ…PM 3:00
■オーダーストップ
PM 2:30
となっております。

だしは 天然だし 利尻昆布 枕崎産のカツオ  さば ムロアジ うるめ サバ節 時間をかけて とっただし です、そばは もちろん 信州産 無農薬 栽培のそば粉を使用しております。


リンク用バナー

細麦さくらやのおすすめ情報
城所さんの天地龍、全体的な 形が 頭の中で 見えて来ました 地上の龍の頭の部分は これから スタートになります、簡単な マーキングで 地上の龍が 浮かび上がりだしました、本当に いとも 簡単そうに 龍が 形になって 行きます、天に昇る龍よりも ひとまわり大きな 龍になります 地上にいる 龍は 天にて5000年の 修行を行い 地上にもどって来たといわれてるそうです、登り龍は今から天に5000千年の修行に行くと言われてるそうです、地上にいる龍は 登り龍よりも 大きく 力も パワーも持ち 備えている と いわれています。 (NO,2、) 

9日サクラや お休み でした 台風 準備 で さくらや周りを かたずけ 周りに アミのネットを 張り 屋根の ごみを 掃除 木の葉が 戸井につまり 水が あふれ出します、雨漏りも してるので 天気良い日には 修理もしないといけません キヤンパーも 4ヵ所スライドして 外側に出してるのも 4カ所とも 中にスライドさせ ウエイト代わりに 水タンクに 清水 1000リッター積みました これで 強い風が 吹いても 倒れる事は ないでしよう、あとは さくらやの周りの 大きな 木が倒れなかったら 大丈夫です、以前 大きな 木が サクラやえ 倒れてきて 大変な 事になった こともありました。さくらやも 北風の吹き上げ 南風の吹き降ろし かなり 強力な 風になります 台風もこないと 大気が入れ替わらないので しかたないですが。

題名は 違うと 思いますが 私が 勝手に 付けました。 ブライアンアートスタートです、どんな アートが出来るのか 楽しみです、まずは ブロック カット 丸太も 大きいが チェンソーも でかいです ハスクの 120ccにて まずは 丸太の上から カットに入ります、でかい チェンソー取り扱いは やはり 慎重に カットした 木材は 落とさずに ロックさせて 落ちないようにカツト いったん チェンソーを かたずけて 2人がかりで カットした 木材は 取り除く カットした 木材だけでも 50kgはかるく こえてます。見ごたえありでした 何時かは 俺もと思いながら見てました。 少しずつですが お手伝いの 出番が ありラッキーでした。

城所さんのカット 無駄なく 淡々と 形になります、半分ほど 降りて来た所です、天地龍が 絡み合い 複雑ですが 毎日見てると 自然と 流れが分かるようになりました、丸太の時から この複雑さが 頭の中に入り 丸太の中に イメージ出来るのでしょう、色んな丸太を見て あの木には こんな 竜が イメージ出来ると言われてました たち木を見ながら 曲がりとか 凹凸に あわせて こんな風に 竜が あの木にも 入ってるとか 城所さんは 説明してくれました、色んな 力を いただきました。城所さんの 天地龍 完成までの アート 作業 アップします。

ヒマワリですね 近くで 見ると かなり 神秘的な 花 ですよ それに 力ずょさが有り 色の コントラストが なんともいえない シャープです まさに 暑い 夏 お店に あると 良い感じです、

なにかと 忙しく 届く 所の びわのみは 取って 食べましたが 高いところは 取るひまがなくて 食べ損ないました、水分が 多く 甘くて かなり 美味しい 我が家の びわですが 又 来年 今度は 確りと てっかして 大きな びわ 作りと思っています。

小型の イーグル も 簡単に 出来て 本当に 机の上サイズ 今までは 出来ない 所が できるようになりました 道具の 進化は アートの進化です。又 新しい 道具も 出るでしょうが 。

チェンソーが 小さくなつてから 作品も だんだんと 小さき 作品が 出来ております、まだまだ 小さい 作品 できそうです 。

幸運の羽で ペン立て 販売しました、机の上とか いいと 思います、サイズは 注文にて 20Cmから 1m50cmと 色々と 製作 注文受けております、

こちらは 大会終わってから 製作 したときの インデアンの左腕のカットした ものです ブライアンが サインをして 私に くれました、なんと 右腕の カットしたものも 私に 渡してくれました さくらや 西側テラスに 飾ってます、城所さん ブライアン 製作現場から いただいたもの チェンソーアートをしていく中 これほどの パワーを超えるものはないと思います、2人とも 世界を代表する チェンソーアーチストだから。追い越す事は出来ないでしょうが ちかずく事は 今からの私が どんな 練習を すれば いいかが 分かれば 結果は付いてきますが ほとんど スタート 地点 まず1歩踏み出すことで 進む 道が出来てきますので 失敗しながら 前え。まだまだ ですが。体が もてばですが。 

Sasamemugi-Sakuraya All Right Reserved since 2010
TOPページ記事数[2747件] 1ページに10件ずつ表示
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272] [273] [274] [275]