画像をクリックすると拡大

【トップ記事検索】
蕎麦粉は 

信州 安曇野産

石臼挽き

無農薬栽培

スープは

天然だしのみの使用。

安心して 

お召し上がりください。

2017年 定休日

毎週 月曜日、火曜日、

第1 日曜日、第3 日曜日、

第5 日曜日は、

さくらや お休みとなります。

イベントなどで お休み
することも あります。

安曇野産の新蕎麦 
香りも 強く 
味も 濃く
麺に こしもあり
新蕎麦 でないと
味わえない 美味しさです。


チェンソーアート長崎スタートさせました、月に3回講習会を開いております、興味ある方は お尋ね下さい。 

工事中でしたが OK となりました、何なりと お尋ねください。

営業時間
オーブン…AM 11:00
クローズ…PM 3:00
■オーダーストップ
PM 2:30
となっております。

だしは 天然だし 利尻昆布 枕崎産のカツオ  さば ムロアジ うるめ サバ節 時間をかけて とっただし です、そばは もちろん 信州産 無農薬 栽培のそば粉を使用しております。


リンク用バナー

細麦さくらやのおすすめ情報
皆さん 頑張りました 驚く事にランでは区間トップのワガチーム カヌー4位 MTB 5位 トレイルラン 1位 パラ パイロン 8位 結果は 総合 3位 表彰台には 上がれました。1位は 若手のそろってた 鹿児島チーム TORA シーカヤック 1位 MTB 2位 トレイルラン 4位 パラ パイロン 6位、 悔しいけど 楽しい レースでした。又来年てことで。 

カヌー部門 優勝の鹿児島の安部さん いやー 早かったですねー リックに合わせて こいでいた とか タイムを競うなら 40分台でゴール出来るとか・・・安部さん スゴイ、今度パラにチヤレンジして下さいね お待ちして おります。

今回 チームをまとめた 大村の小川さん 最終ランナーゴールです、空の条件もかなり 良く 1500m上空を 飛び回り 降りて 来ました お疲れさんでした。

今回の大会で 1番 ビックリしたことは われらの 中野さん 写真左 なんと フルラン ビックリしたー ニュジーにも 2人で行った よき仲間 フルランに出るとは そんな 人とは思わなかった 一言 すごい。世界の中野 良く分かりました。今回 この人写真中央 カナダ人の リアン 女性1人 フル エントリー かなりのアウトドアーは シーカヤックでは トカラ列島を 渡りきった 楽しい 人 鍛えぬいた体は 筋...[全文を読む]

まずは シーカヤック が 1番にスタート 朝 5時 スタンバイ カヌーを 黒島まで 運ぶ 7時 スタート コースは チェツク ポイントさえ 通れば コースは 自分での判断 朝は干潮で 島の横は 瀬になつており そこを 通れば 近道 私は 足でも 怪我したら いけないと 思い 左のコースで スタート 海は べたなぎ スピード 重視に作られた 軽くて 細い 艇が 断然 有利 私に 天気は 見方してくれ...[全文を読む]

途中 チエック ポイントが有り 確認して 通過 養殖アミの 内側を通り ビーチえ 大会前 18kmの 練習でした。

えびす ビーチから 沖合いに浮かぶ島 キャンプ場として 使われている、バンガローがあり 手押しポンプの井戸水も 使われるように整備されてます ピーチは 綺麗な 砂浜で 自然の木陰で 心地良く 良い感じの所でした、沖合いなので 海水も綺麗で 職場が海でした 私にとつて 心和むとこみたいでした。

24日さくらや お休みして コースの下見の為 天草 倉岳え 口之津から フェリーにて 移動 会場になる えびすビーチ 横から カヌーを海に浮かべ スタート地点の黒島え 約 8,6km 大会コースを 下見しながら ツーリング 潮の流れ 約 1ノットほど 有り 波は 高いとこで1mほど 風は 黒島横で 東風 かなり 強い ブローが 入り ノーズが流れる 大会中に こんな風 波があると 私の艇はかなり ...[全文を読む]

三浦海岸にショツプを構える カーゴ ここから スタートして トライアングルで 周り かえって来る 長崎空港手前まで 対岸を進み 対岸に戻り カーゴにかえつて来る 約 15km 力は80%で押さえて 練習中 トップ スピードは まだ 出していない 良い感じで 25日に合わせて 調整中です まだまだ 調整する 課題が沢山 有り 1つ1つ 調整中です、海から見る 陸の明かりが 良い感じです 今は 暑いの...[全文を読む]

さくらや 仕事が終わり 海え やはり 30年以上海で仕事をしてきたので なんか 海に出ると おちつく感じがする ウインドで ホームベースにしていた 場所なので 庭みたいなもの、暗くなり 陸の明かりを 目安に ベースに帰ってくる 夜の海も いいもんです。

Sasamemugi-Sakuraya All Right Reserved since 2010
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216]
TOPページ記事数[2156件] 1ページに10件ずつ表示