画像をクリックすると拡大

【トップ記事検索】
1年アット言うまです
人生は短いと思いつつ
今年も年越し蕎麦の
季節になりました

年越し蕎麦
予約販売 開始いたしました
12月31日に蕎麦を打ち
その日のうちに食べてもらう
 今年も頑張って
美味しい蕎麦
打たせてもらいます、

新蕎麦 打ち始めました

信州 安曇野産

無農薬 石臼引き

新蕎麦は 今だけ

美味しいものは

美味しいです。

チェンソーアート
体験 受付中です、

基本さえ マスターすれば
アート体験が
出来ます、
1作品 完成させて
持ち帰れます

全日本チェンソーアート大会
優勝 2連勝 嶋田が
指導いたします。

お尋ねは さくらやまで。

蕎麦粉は 

信州 安曇野産

石臼挽き

無農薬栽培

スープは

天然だしのみの使用。

安心して 

お召し上がりください。

2017年 定休日

毎週 月曜日、火曜日、

第1 日曜日、第3 日曜日、

第5 日曜日は、

さくらや お休みとなります。

イベントなどで お休み
することも あります。

安曇野産の新蕎麦 
香りも 強く 
味も 濃く
麺に こしもあり
新蕎麦 でないと
味わえない 美味しさです。


チェンソーアート長崎スタートさせました、月に3回講習会を開いております、興味ある方は お尋ね下さい。 

工事中でしたが OK となりました、何なりと お尋ねください。

営業時間
オーブン…AM 11:00
クローズ…PM 3:00
■オーダーストップ
PM 2:30
となっております。

だしは 天然だし 利尻昆布 枕崎産のカツオ  さば ムロアジ うるめ サバ節 時間をかけて とっただし です、そばは もちろん 信州産 無農薬 栽培のそば粉を使用しております。


リンク用バナー

細麦さくらやのおすすめ情報
黄色にいろずいた イチョウの葉 と 柿の葉 まだまだ 落ちて来ます、冬になると 日当たりが 良くなるように 落ちて来てます。

ももみじが 紅葉し もみじのジュータンになっています 毎年 こんな 感じですが 1年に この時季だけ 最近 山に 餌がないのか 野鳥が 沢山 店の周りで 遊んで います そば湯の出し殻を まいてると 野鳥が飛んできて 食べています 香り も しますが そばの実なので 餌になるのかも。 

今年の信州 安曇野産そば 香り 味 なかなか 良い味 香りがしてます 新蕎麦ならではの 色合いがして お湯に入れた時の そばの 色合いは この新蕎麦の時だけの色合いです、そばも 美味しいですが 蕎麦湯が又美味しいですよ。

さくらや 今1番の紅葉です 北側にある イチョウの木 柿ノ木 木の葉が 雪のように 降ってきます、もみじも 色ずき 半分ほど 葉が 落ちてしまい いよいよ 冬が 来ます 。今度の 冬は 寒いのかな?

木と たわむれる 仲間たち と でも言いましょうか、やはり 昔の人間は 元気です、としより ばかり 私も 仲間入りしてますが、なんだか 元気です、何事も 出来ない 事を 悩むより 出来る事を延ばし集中した 方が 短い人生 より 楽しく過ごせるようです まだまだ この世は 分からない事ばかり です 同じクラブの先輩(72歳)から まだまだ若いのと言われてます。まだまだ 頑張らないと。  

ログ組 スタート この場所にて 借り組みをして 組み上げ 出来たら 組番号を 記入し ばらして 移動 このログは 人吉に 飛び立ちます、娯楽部屋になるとか どんな アレンジをされるのか ?

ログ 作りには やはり ログハウスに 泊まりながらの 作業が 1番でしょう 右上のログに仲間と 泊まりながらログ作り、やはり 木にふれてると なんだか 落ち着く 作業してても 何か楽しい。  

ログハウスのミ二ハウス これにて 全体の イメージを 頭の中に 記憶させ 全体図を 完成させて 細かい 個所 プラス アルハー させ くみ上げて 行きます 1番大切な事は 楽しみながら 作業を進めることです。

熊本 人吉インターを降りて 水上村に行く 途中にある お寺です 屋根は わらぶき屋根で 風格が有り 良く 現代まで 壊れずに残ったものです、昔この地域では どんな 生活をしてたのでしょう? 

子供のころの 薬やさんは みんな こんな 感じの薬やさんでした 昔は皆貧乏で 薬なんて よっぽどじや ない限り のませてもらえなかった ような 記憶が ありますが 、あのころは 子供は 皆 ワイルドに 育っていたから 皆 バカ 元気でした 今見たいに 大型のドラックストアーが どこにでも有り 何事も 薬ずけの ような 環境が 良いのか悪いのか ですね?

Sasamemugi-Sakuraya All Right Reserved since 2010
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221]
TOPページ記事数[2208件] 1ページに10件ずつ表示