画像をクリックすると拡大

【トップ記事検索】
1年アット言うまです
人生は短いと思いつつ
今年も年越し蕎麦の
季節になりました

年越し蕎麦
予約販売 開始いたしました
12月31日に蕎麦を打ち
その日のうちに食べてもらう
 今年も頑張って
美味しい蕎麦
打たせてもらいます、

新蕎麦 打ち始めました

信州 安曇野産

無農薬 石臼引き

新蕎麦は 今だけ

美味しいものは

美味しいです。

チェンソーアート
体験 受付中です、

基本さえ マスターすれば
アート体験が
出来ます、
1作品 完成させて
持ち帰れます

全日本チェンソーアート大会
優勝 2連勝 嶋田が
指導いたします。

お尋ねは さくらやまで。

蕎麦粉は 

信州 安曇野産

石臼挽き

無農薬栽培

スープは

天然だしのみの使用。

安心して 

お召し上がりください。

2017年 定休日

毎週 月曜日、火曜日、

第1 日曜日、第3 日曜日、

第5 日曜日は、

さくらや お休みとなります。

イベントなどで お休み
することも あります。

安曇野産の新蕎麦 
香りも 強く 
味も 濃く
麺に こしもあり
新蕎麦 でないと
味わえない 美味しさです。


チェンソーアート長崎スタートさせました、月に3回講習会を開いております、興味ある方は お尋ね下さい。 

工事中でしたが OK となりました、何なりと お尋ねください。

営業時間
オーブン…AM 11:00
クローズ…PM 3:00
■オーダーストップ
PM 2:30
となっております。

だしは 天然だし 利尻昆布 枕崎産のカツオ  さば ムロアジ うるめ サバ節 時間をかけて とっただし です、そばは もちろん 信州産 無農薬 栽培のそば粉を使用しております。


リンク用バナー

細麦さくらやのおすすめ情報
毎日が 暑い1日 夏だから 仕方ないのですが 飛んだら 涼しいと言うか 単に 暑いのを 忘れて 飛んでるだけ 足が 地に付くと 暑さが倍返しになるほど 暑い夏、グライダーも 飛んだら そのまま車に積み込み 我が家え(猿場で飛んだ時は) 夕方は 山影になり たたむのには ちょうでいいです、

テカリト 影 を付けた イーグル 旅立ちです、約50年の杉の木 大分県 中津江村産 チェンソーアート 宣伝に 役立ちますように。

ブライアンに教わった 馬 速く 自分の馬を 削れるように と 駆け足で練習中です バランスは なんとか 取れましたが 何かが 足りない インパクトはかなり有りますが、 もっと 噛み砕かないと いけないようです、エアーブラシで 影を入れると 引き締まりますが 何回か 見直すと 又 ちがう 所が みえてきます。 置いといて 次の 馬さんえ すすみます。

さくらや お休みは ログ作り 今回は ロフトの 磨き 杉の木の粉を まきちらしながらの 作業 丸太に 磨きをかけ つるつるに 木目が 目立ち まさに 木の家 1日 杉の木のにおいの中での 作業でした もちろん 帰りは 温泉です。

この季節 空は 何処までも 青く 南風が吹くと 空も すがすがしくなります 現役だつたころ やはり 夏が 1番 海の中は 自然の クーラーでした。もう戻れない 陸はあついですねー

この花は なんとも 10日ほどは 現状を 保ち 枯れても そのまま 手入らず の花 生かとは おもえないほど タフな はなです、さくらやに ぴったらの花です。

7月より チェンソーアート 長崎 スタートさせました、月に1回の練習日を決めて チェンソーアート トライしたい方を 募集します まずは 初級を受けていただく事になりますが、安全第一で 初級を受けなくても 大丈夫な方は さくらやえ お尋ね下さい、PM,3時過ぎに。

なんと 飛ぶ時 羽のおとがしないように飛ぶ 事が出来るらしい、諫早干拓に フクロウが 住んでるとか 見た人が 何人も 、いても おかしくはないが ここ さくらやには 狸、キツネの一家、いのししの一家、おさるさん、遊びに来ます、餌は やらない ようにしてます。

アジサイ いよいよ 終わりになりました、丁度 梅雨もあけ これから 厳しい 暑さが つずきますが 暗くなるまでの 時間が 長く さくらや終わり アートが出来ます、腕を上げないと 楽しくないから、駆け足 駆け足 倒れない 程度に。

エアーブラシにて メイク テカリト 影 それなりに カッコ 良くなりました、来年の馬としまでには もっと 完璧な 馬さんが 出来る ようになるでしょう、

Sasamemugi-Sakuraya All Right Reserved since 2010
TOPページ記事数[2342件] 1ページに10件ずつ表示
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235]