画像をクリックすると拡大

【トップ記事検索】
19回目の
チェンソーアート
日本大会が
開催されます、

20回目は
世界大会と
確りと
計画を立てて
流れに
乗ります。

安曇野産 無農薬栽培の
そば粉は 農家との契約にて
長崎県では 当店 さくらや
だけの 販売になります
さくらやでないと 食べれない
信州 安曇野産
そば粉になります。

チェンソーアート
体験 受付中です、

基本さえ マスターすれば
アート体験が
出来ます、
1作品 完成させて
持ち帰れます

全日本チェンソーアート大会
優勝 2連勝 嶋田が
指導いたします。

お尋ねは さくらやまで。

蕎麦粉は 
信州 安曇野産
石臼挽き
無農薬栽培
スープは
天然だしのみの使用。
安心して 
お召し上がりください。

2019年 定休日
毎週 月曜日、火曜日、
第1 日曜日、第3 日曜日、
第5 日曜日は、
さくらや お休みとなります。
イベントなどで お休み
することも あります。

長崎 チェンソーアート 体験受付中、
機材 材料 こちらで準備いたします
作業着 お弁当持ち で起こし下さい
AM 9時から PM 4時までに
1つの作品完成させます、
出来たアートは持ち帰れます
1回目はふくろうのアートになります。
高さ70cm前後 丸さ 27cm前後、
さくらやにて お尋ねください。、

工事中でしたが OK となりました、何なりと お尋ねください。

営業時間
オーブン…AM 11:00
クローズ…PM 3:00
■オーダーストップ
PM 2:30
となっております。

だしは 天然だし 利尻昆布 枕崎産のカツオ  さば ムロアジ うるめ サバ節 時間をかけて とっただし です、そばは もちろん 信州産 無農薬 栽培のそば粉を使用しております。


リンク用バナー

細麦さくらやのおすすめ情報
蕎麦が他の食材に比べ、はるかに優れている所は
タンパク質の多さです。米は 6%、 小麦粉は 8%、
トウモロコシは 4%、蕎麦粉は 13%がタンパク質
なのです。しかも、そのほとんどが純タンパク質であり、
そのうち40%は水溶性で消化が良く、必須アミノ酸を
大量に含んでいるのです。
アミノ酸はタンパク質が消化、分解されて出来るもので、
これが腸から吸収されて人間のタンパク質となり、
肉体が作られるのです、このアミノ酸のうち、人間にとって
不可欠で、しかも体内では作られないものを必須アミノ酸といいます。
必須アミノ酸の有量は基準をもとにパーセントで表されます。
蕎麦は 89,7%もの高さなのです、米が 75,6%、
小麦粉が 46,7%ですから、いかに蕎麦が実力者なのが
おわかりになるでしょう。さらに蕎麦の必須アミノ酸には、米にはない
トリプトファンや小麦粉に不足するリジン、肝臓を丈夫にする
メチオン、基準体力を作るスレオニン、シスチン、ロイシン、
アスパラギン酸などを含んでいます。
蕎麦のタンパク質は消化も良いうえに栄養価も高い、
最高の 食物性タンパク質なのです。

 食生活に蕎麦 これからの 食べ物です。

蕎麦の秘密は 栄養バランスのよさにあります、
蕎麦の栄養成分は多様な栄養素で構成されています
まずはでんぷん。蕎麦粉の7割はでんぷんです。
でんぷんは糖に変化し、
エネルギーになる事は知られていますが
そのでんぷんは米、麦、栗、ヒエナなどの
でんぷんに比べて最も糖化度が高く、
1番簡単に糖化します。
また、そのでんぷんは小麦粉などに比べると
はるかに小さいため、消化も良く、
胃腸に負担をかけません。
さらに蕎麦のでんぷんは生食できますから
昔は忍者が蕎麦粉を携帯食に持ち歩いたのも、
その栄養だけではなく、火を使わなくても
そのまま食べられるからだったのです。やはり蕎麦はすごい。

ほんの 1部ですが 堂をとりかこむように
このような 彫刻が 配置よく 流れるように
つずいています、 題名 笹にかいち 
全てに ストリーがあり 時の流れが 感じます。
堂内は 撮影禁止 となっており
1冊の本が 販売されており 
山門、御本堂、太子堂、虎ノ門、の彫刻の写真が
乗っています。

題名 芙蓉にきんけい

題名 雲にばく

題名 桜に山じゃく

題名 水波に海馬

題名 竹に虎

細かい 彫刻が一面に バランスよく 並んで います 
良くも ここまで、 全てに ストーリーが有り
題名が 付いております、写真は 水波に龍。

御本堂左側にある 太子堂 ここの彫刻も 素晴らしく 時を
惜しまずに 丁寧な彫刻が ・・・ 
普段木鼻と言う 柱が交わる所ですが 
これでもかと 言わんばかりの 彫刻が 素晴らしい。

Sasamemugi-Sakuraya All Right Reserved since 2010
TOPページ記事数[2800件] 1ページに10件ずつ表示
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272] [273] [274] [275] [276] [277] [278] [279] [280]