画像をクリックすると拡大

【トップ記事検索】
19回目の
チェンソーアート
日本大会が
開催されます、

20回目は
世界大会と
確りと
計画を立てて
流れに
乗ります。

安曇野産 無農薬栽培の
そば粉は 農家との契約にて
長崎県では 当店 さくらや
だけの 販売になります
さくらやでないと 食べれない
信州 安曇野産
そば粉になります。

チェンソーアート
体験 受付中です、

基本さえ マスターすれば
アート体験が
出来ます、
1作品 完成させて
持ち帰れます

全日本チェンソーアート大会
優勝 2連勝 嶋田が
指導いたします。

お尋ねは さくらやまで。

蕎麦粉は 
信州 安曇野産
石臼挽き
無農薬栽培
スープは
天然だしのみの使用。
安心して 
お召し上がりください。

2019年 定休日
毎週 月曜日、火曜日、
第1 日曜日、第3 日曜日、
第5 日曜日は、
さくらや お休みとなります。
イベントなどで お休み
することも あります。

長崎 チェンソーアート 体験受付中、
機材 材料 こちらで準備いたします
作業着 お弁当持ち で起こし下さい
AM 9時から PM 4時までに
1つの作品完成させます、
出来たアートは持ち帰れます
1回目はふくろうのアートになります。
高さ70cm前後 丸さ 27cm前後、
さくらやにて お尋ねください。、

工事中でしたが OK となりました、何なりと お尋ねください。

営業時間
オーブン…AM 11:00
クローズ…PM 3:00
■オーダーストップ
PM 2:30
となっております。

だしは 天然だし 利尻昆布 枕崎産のカツオ  さば ムロアジ うるめ サバ節 時間をかけて とっただし です、そばは もちろん 信州産 無農薬 栽培のそば粉を使用しております。


リンク用バナー

細麦さくらやのおすすめ情報
年に 1回だけの 仕入れに なります 長崎 で  北海道産

新蕎麦 さくらやで おめしあがり 下さい、           

11月 半ばごろには  信州 安曇野産

新蕎麦が  入荷 します  お楽しみに 。

親のイーグル は 形は ほぼ 完成 バランスを取るために 子供のイーグルを メークする為に 大まかな カットで バランスを 考えながらの 切り込みです 親が 右を向いてるので 子供は 左を 向かせた 方が バランス的には 型に はまるでしょう、マルク削り 子供の イーグルをイメージします、丸く切り込み その中に 子供のイーグルを イメージしながら きりこみます。

丸太は 33cmの丸太にて アート 開始、ここまでは チェンソーも止まる事無く イイサウンドにて 進みます ここから 先が 半分の大きさにて 形をカットしていかなければ いけないので 削りすぎたら 修正が出来なくなるので シビアーなカットで 行かないと いけません。

チェンソー 仕上げ 終わりました 2匹めは 巣に座ってる イーグルの子供と 親のイーグルです エアーブラシは まだですが もう 1ツ作品を完成させて から 色ずけ しょうと 思っています、

温かい 麦に 山菜 始めました 歯ごたえの有る 山菜に のど越しの良い ささめ麦 こしもあり 温まり 天然だしのみ使用のスープです。

温かい 麦の ごぼうてん 始めました、今から 寒くなるに つれて 温かい 麦も いいのではと 思い スタートしました。

グリーンの色合いが いい色に出てます 白の アクセントも 良い感じに 見えます、そのままで いいアートになります、葉を1枚取り 玄関に良く下げてますが 1ポイント 良い感じ になります、

この季節になるとサクラヤには きんもくせいの 花の 香りが ただよいます あまーい 香りが 西側 テラスまで 流れて 来ます、花の命は 短くて 又 来年と 言わんばかりに 地面に ちってしまいました、他の花は やぶ椿が つぼみをたくさん 付けて います、オレンジの実も 強い風にも 負けずに しっかりと ぶら下がっています、ほとんどが 野鳥の餌にしますが 今年は 野鳥が少なく どこに 行ってしまったのか?近頃は キツネの 一家も 狸の 兄弟も 出てこなくなりました いのししばかりが 庭を あらしまわっています いのししも 人になれ 昼間 西側のテラスの土手にて 穴を掘り みみずとか 木のね 球根を 餌にして 親子で 荒らしまわっています、目が合っても にげないで見てます えずけしてみようかなとおもいましたが おきやくさんが びっくり しそうなので やめました。

この日は お花の日 毎回 違う 花を 準備してもらい 自由に 活けさせてもらってます いけるのに 時間が かかるほど 納得の いかない いけばな が 出来上がります 短時間で 出来上がる 生け花は 力が あり エレガントに 出来上がります 基礎もあまりわからないまま ですが 草月流の先生は 自由に 活けなさい それが 草月ですからと 言ってくれます 細かい ポイントは 先生から チエックが入りますが その場で修正出来ます チヨットの アドバイスで 作品が 生きがえるのを感じます 習い事は 何でも 同じだと思いますが 経験を積み 実力ある方の 1ポイントアドバイスは 自分1人で努力する1年分にあたると 思います。人生は 楽しく でも 人生は 短い 駆け足駆け足 終わってしまうぞ。

だいぶん 丁寧さが 出て来ましたが まだ なにかが 少し ずれてる 用に 見えます 何かと 言うのは そのときには 分からなくて 時間を置いて 見直す 事で 分かって 来ますが 大会では 余分な 時間は ないので 作品を良く見る 観察 力もとても 大事です 目で見たものを 即座に 判断して 修正する 力が 必用です、おかしい 物は おかしいと判断して 修正する 力 考える事では 解決しない 事です 自分が 蓄えてる 知識の中での 判断に なるとも 思いますが 人それぞれでしょうが 同じ 事を 繰り返し 練習すれば 上手くなるとは 限りませんし 大会を 例に挙げると まずは 大会 なれ することが 大事だし 次に どうしたら 勝てるか  勝てる為の練習は なにか 1番になるには なにを すれば なれるのか? 大会で 優勝する人たちは 優勝する 価値のある 人たちです 優勝できるような 練習それに 人に感動を与えるようなアイデアを持つた 人たちだと 思っています、そんな 方々の 背中を見ながら 今回の大会は すごく 楽しみな 大会に なると 思っています、 今回の 試作の イーグル も 満月を バックに 輝き だしています。 体がもつかぎり キラリト 輝く イーグル 完成させます。

Sasamemugi-Sakuraya All Right Reserved since 2010
TOPページ記事数[2691件] 1ページに10件ずつ表示
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270]