画像をクリックすると拡大

【トップ記事検索】
19回目の
チェンソーアート
日本大会が
開催されます、

20回目は
世界大会と
確りと
計画を立てて
流れに
乗ります。

安曇野産 無農薬栽培の
そば粉は 農家との契約にて
長崎県では 当店 さくらや
だけの 販売になります
さくらやでないと 食べれない
信州 安曇野産
そば粉になります。

チェンソーアート
体験 受付中です、

基本さえ マスターすれば
アート体験が
出来ます、
1作品 完成させて
持ち帰れます

全日本チェンソーアート大会
優勝 2連勝 嶋田が
指導いたします。

お尋ねは さくらやまで。

蕎麦粉は 
信州 安曇野産
石臼挽き
無農薬栽培
スープは
天然だしのみの使用。
安心して 
お召し上がりください。

2019年 定休日
毎週 月曜日、火曜日、
第1 日曜日、第3 日曜日、
第5 日曜日は、
さくらや お休みとなります。
イベントなどで お休み
することも あります。

長崎 チェンソーアート 体験受付中、
機材 材料 こちらで準備いたします
作業着 お弁当持ち で起こし下さい
AM 9時から PM 4時までに
1つの作品完成させます、
出来たアートは持ち帰れます
1回目はふくろうのアートになります。
高さ70cm前後 丸さ 27cm前後、
さくらやにて お尋ねください。、

工事中でしたが OK となりました、何なりと お尋ねください。

営業時間
オーブン…AM 11:00
クローズ…PM 3:00
■オーダーストップ
PM 2:30
となっております。

だしは 天然だし 利尻昆布 枕崎産のカツオ  さば ムロアジ うるめ サバ節 時間をかけて とっただし です、そばは もちろん 信州産 無農薬 栽培のそば粉を使用しております。


リンク用バナー

細麦さくらやのおすすめ情報
風格ある 建物です  見てるとなにか 力をかんじました、

横の 小高い 岡に上がると 潮受け 防波堤が 対岸まで つずいてるのが 見えます 私が 現役 時代に 防波堤の ゲート 閉める前に良く仕事で ダイブして ゲートの周りを 水中溶接して 回りを 固める 仕事をしていたのは 私でした、海の水は濁り 水で 見えない中での 水の中での溶接でした 懐かしい 昔話ですが、

周りは 時が 止まったような 感じの 昔ながらの 石垣 身近な 所に 昔の 面影が。

サクラヤのお客さんでも ある 住職のお寺 室町時代には お城もあったとか 小高い 岡には ここに お城が あっても おかしくない とても 良い場所です 周りを 見渡す事が 出来 周りの 町が 良く見えます、庭には 大きな イチョウの木が あり サクラヤと 同じように 一面 黄色に そまってます。

毎日 掃除してますが こんな 感じ です、サクラや店作りしてた ころから してら 周りの 木も 倍ほどに 伸びました そろそろ ばっさりと 切らないと 日当たりが 悪く なってきてます。

玄関 左右は 木のはが 紅葉して 良い感じに なってます 最近は あまり 寒くないので 外も 気持が いいです 秋を見ながら 空気も とても 綺麗です 木の実も 赤く 色ずき 山も カラフルな 色に なってます。 

イチョウの葉 が ジュウタンになってます 下の パーキングに行く時は 枯れはで 滑ります 滑らない 用に 注意がいります。ご安全に。

Kさんに 指導しながら 切り込んだ イーグルです、 丸太は 切込みを入れると 乾燥が速く 進みます その為 うすい 所は クラックが 入りやすくなり せっかくの 作品が ひび割れて しまいます、なるべく 早く仕上げて われ止め の保護財を 塗らないと いけません サクラや 終わってから 夜 仕上げました ブラシもかけて 古い木のようにと 色ずけ それなりに 仕上がり ました。

早 もうずぐ 12月になります もみじの葉も 紅葉が して 散り始めました 何時もの 事ですが 1年 立つのが 加速してます、のろのろしてると 来年の 紅葉が すぐに きそうです。

西側の栗の木 今年も たくさんの クリが 拾えました、今度は 果実が 色ずき始めました 、写真は オレンジ 甘夏 レモンの順です、半分は 野鳥の 餌として 半分に切り 木の枝に 刺しています 色んな 野鳥が 食べに 来てます。

Sasamemugi-Sakuraya All Right Reserved since 2010
TOPページ記事数[2747件] 1ページに10件ずつ表示
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272] [273] [274] [275]