画像をクリックすると拡大

【トップ記事検索】
19回目の
チェンソーアート
日本大会が
開催されます、

20回目は
世界大会と
確りと
計画を立てて
流れに
乗ります。

安曇野産 無農薬栽培の
そば粉は 農家との契約にて
長崎県では 当店 さくらや
だけの 販売になります
さくらやでないと 食べれない
信州 安曇野産
そば粉になります。

チェンソーアート
体験 受付中です、

基本さえ マスターすれば
アート体験が
出来ます、
1作品 完成させて
持ち帰れます

全日本チェンソーアート大会
優勝 2連勝 嶋田が
指導いたします。

お尋ねは さくらやまで。

蕎麦粉は 
信州 安曇野産
石臼挽き
無農薬栽培
スープは
天然だしのみの使用。
安心して 
お召し上がりください。

2019年 定休日
毎週 月曜日、火曜日、
第1 日曜日、第3 日曜日、
第5 日曜日は、
さくらや お休みとなります。
イベントなどで お休み
することも あります。

長崎 チェンソーアート 体験受付中、
機材 材料 こちらで準備いたします
作業着 お弁当持ち で起こし下さい
AM 9時から PM 4時までに
1つの作品完成させます、
出来たアートは持ち帰れます
1回目はふくろうのアートになります。
高さ70cm前後 丸さ 27cm前後、
さくらやにて お尋ねください。、

工事中でしたが OK となりました、何なりと お尋ねください。

営業時間
オーブン…AM 11:00
クローズ…PM 3:00
■オーダーストップ
PM 2:30
となっております。

だしは 天然だし 利尻昆布 枕崎産のカツオ  さば ムロアジ うるめ サバ節 時間をかけて とっただし です、そばは もちろん 信州産 無農薬 栽培のそば粉を使用しております。


リンク用バナー

細麦さくらやのおすすめ情報
玄関入り口に ガーンとオブゼが置いて有ります これがアートと
言わんばかりに 一言で言えば ドハデ これをみて どう感じるかが
問題ですが、何を言わんとしてるのか 何をひようげんしてるのかは
アーテストしか 分からないか 子供の夢の中はこんなかも。

2011年からチェンソーアート スタートしましたが それまでは 薪ストーブ用にチェンソーを使ってました。チエンソーアート早く上手に削れるか
私の課題でしたが まずきずいた事は 大会に出ること 日本世界のカバーと
仲良くなる事でした、色んな方の作品を見て質問し色んな事を教えてもらいながら大会になれて行き、優勝を狙える 知識を見につけあとは練習するしかないと
思ってました、やはり1番大事な事は 本物を知るという事です、私にとって井波彫刻にて教わった事が私の力になつてます、感謝の気持を忘れずに頑張ります。

鹿児島 湧水町にてのチェンソーアート大会 長崎新聞

まもなく 出回ります 1年で おそばが 1番 美味しい時
北海道産は 大手が 買占めてしまい かなり 高価な
値段になっています、 安曇野産も 暴落しない 値段が
付くのを 願っていますが ?

全日本大会 長崎から エントリーの2名が なんと
1位と3位 頑張りました、 Kさんに チェンソーアート
指導して まだ1年ならないのに 日本大会3位 
素晴らしい 結果が出ました 指導してた事が 正しかった
と 今回1番 嬉しかった事になりました、
私も 優勝を頂き ラッキーでした、まだまだ先があります
まだまだ 頑張ります。

オープンウラス の カードを前に 課題を書き アート
スタートです、ナンチャテ イノキも 応援で写真で参加です。

大会は くじ引きで 丸太を 決めます、今回も 大きな
丸太を 引いてしまいました、東栄の大会でも1番大きな
丸太を引いてしまい めげましたがv今回はちがいました
大きな丸太を引き ファイトが湧いて 切り込んで やる
と思っての トライでした、

長崎チェンソーアートクラブ Kさんの作品 
インパクトある 作品に仕上がりました。
チェンソーアート初めて10カ月 
私の所で 講習をし 大会 初トライのKさん
楽しんだ 様です 作品に 出ています、


いよいよ スタートです、天気も良くなり 長崎からは
2名のエントリーになります、

九州では 初めてとなる チェンソーアート 全日本大会
50名の カーバー での大会になります。
50台の チェンソーが 霧島の山々に 響く事でしょう。

長崎からも 3名のカーバー 参加の 予定です。

Sasamemugi-Sakuraya All Right Reserved since 2010
TOPページ記事数[2747件] 1ページに10件ずつ表示
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272] [273] [274] [275]