画像をクリックすると拡大

【トップ記事検索】
1年アット言うまです
人生は短いと思いつつ
今年も年越し蕎麦の
季節になりました

年越し蕎麦
予約販売 開始いたしました
12月31日に蕎麦を打ち
その日のうちに食べてもらう
 今年も頑張って
美味しい蕎麦
打たせてもらいます、

新蕎麦 打ち始めました

信州 安曇野産

無農薬 石臼引き

新蕎麦は 今だけ

美味しいものは

美味しいです。

チェンソーアート
体験 受付中です、

基本さえ マスターすれば
アート体験が
出来ます、
1作品 完成させて
持ち帰れます

全日本チェンソーアート大会
優勝 2連勝 嶋田が
指導いたします。

お尋ねは さくらやまで。

蕎麦粉は 

信州 安曇野産

石臼挽き

無農薬栽培

スープは

天然だしのみの使用。

安心して 

お召し上がりください。

2017年 定休日

毎週 月曜日、火曜日、

第1 日曜日、第3 日曜日、

第5 日曜日は、

さくらや お休みとなります。

イベントなどで お休み
することも あります。

安曇野産の新蕎麦 
香りも 強く 
味も 濃く
麺に こしもあり
新蕎麦 でないと
味わえない 美味しさです。


チェンソーアート長崎スタートさせました、月に3回講習会を開いております、興味ある方は お尋ね下さい。 

工事中でしたが OK となりました、何なりと お尋ねください。

営業時間
オーブン…AM 11:00
クローズ…PM 3:00
■オーダーストップ
PM 2:30
となっております。

だしは 天然だし 利尻昆布 枕崎産のカツオ  さば ムロアジ うるめ サバ節 時間をかけて とっただし です、そばは もちろん 信州産 無農薬 栽培のそば粉を使用しております。


リンク用バナー

細麦さくらやのおすすめ情報
早 木の葉が 綺麗に 紅葉しています、なんだか 秋みたいですが 今から 夏 暑い夏が やって 来ますが 海のお仕事をしてるときは 7月で夏は 終わりでした、仕事がら そんな 流れでしたね。夏は 無理をしないで まい ペースで 流して いきましょう。

自然の中に イコウル 虫たちの中に サクラヤがあります もちろん 野鳥も沢山 遊びに来ますが 朝から 窓の近くに いる 虫たちを 追いはるう 最近は 鬼やんまが 店の中で 遊んでます、自然の中にあるさくらや 店の中も 自然です。虫を良く見ると 本当に ハイテクな 装備をしてます、そういえば 最近 すずめ蜂の3倍ほど 大きな 蜂が 飛んできます じっと見て 観察すると ホバーリングしながら あちらも こちらを 観察してるようです。

さくらや お食事をされると コーヒーは フリーになります、やはりこだわりのコーヒー おだし してます、こだわり ぬいた ヒルス コーヒー
良いものは いい おいしいものは 美味しいのです。

勝手に はえてきた もみじの木 いごこちがいいのか かなり 大きくなりました、もっと 広いところえと 植え替えたほうが いいのだと 思っていますが、もみじは いたるところから 目を出して 大きく なって きてます、杉の木の苗も あちら こちらに 目をだしています、

北側のやぶつばき 大きな 実が 沢山 つばき 油がとれそうです 、

今 沢山の 赤い 実が 鈴なりになってます、木の 成長が早い 木で 一度 ばっさりと切りましたが 同じ 大きさまで 又 のびまして 赤い実 が沢山です。

さくらや 南西側に はえてる やつで グリンに 白のラインが 入り 珍しい 葉です 今度 アートで 削り 同じように 色ずけ します 良いような 感じがしまずが ?

作業場にしてますが 夜でも出来るようにと 電気つけました 傘は 杉の丸太から 削り出し 傘に 確りと 決まってます 色ずけしようかと 思いましたが 自然に とけこむようにと そのまま 表面の水分が抜け ると いいぐあいに 周りに 溶け込む色に変わっていきます。チェンソーがあると 色んな事が 簡単に できてしまいます。

今年も 沢山の 目が でてきて 竹になりました 黄色とグリーン良いコントラストです、今年の 竹は 9月ごろ 製品にして さくらやで 販売いたします、 お楽しみに 色々と竹製品作りましたが この竹は色がグットです。

南側の梅ノ木に下げてる こけ球 雨が 多く かなり 元気ですが 今から夏、水遣りを 忘れると かれます。

Sasamemugi-Sakuraya All Right Reserved since 2010
TOPページ記事数[2342件] 1ページに10件ずつ表示
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235]