画像をクリックすると拡大

【トップ記事検索】
1年アット言うまです
人生は短いと思いつつ
今年も年越し蕎麦の
季節になりました

年越し蕎麦
予約販売 開始いたしました
12月31日に蕎麦を打ち
その日のうちに食べてもらう
 今年も頑張って
美味しい蕎麦
打たせてもらいます、

新蕎麦 打ち始めました

信州 安曇野産

無農薬 石臼引き

新蕎麦は 今だけ

美味しいものは

美味しいです。

チェンソーアート
体験 受付中です、

基本さえ マスターすれば
アート体験が
出来ます、
1作品 完成させて
持ち帰れます

全日本チェンソーアート大会
優勝 2連勝 嶋田が
指導いたします。

お尋ねは さくらやまで。

蕎麦粉は 

信州 安曇野産

石臼挽き

無農薬栽培

スープは

天然だしのみの使用。

安心して 

お召し上がりください。

2017年 定休日

毎週 月曜日、火曜日、

第1 日曜日、第3 日曜日、

第5 日曜日は、

さくらや お休みとなります。

イベントなどで お休み
することも あります。

安曇野産の新蕎麦 
香りも 強く 
味も 濃く
麺に こしもあり
新蕎麦 でないと
味わえない 美味しさです。


チェンソーアート長崎スタートさせました、月に3回講習会を開いております、興味ある方は お尋ね下さい。 

工事中でしたが OK となりました、何なりと お尋ねください。

営業時間
オーブン…AM 11:00
クローズ…PM 3:00
■オーダーストップ
PM 2:30
となっております。

だしは 天然だし 利尻昆布 枕崎産のカツオ  さば ムロアジ うるめ サバ節 時間をかけて とっただし です、そばは もちろん 信州産 無農薬 栽培のそば粉を使用しております。


リンク用バナー

細麦さくらやのおすすめ情報
全体の 形が 出来て 足場を 上側に 組直して 頭の 部分から 仕上げて 行く ようです、 髪の毛を きざみ ながら 顔の りんかくを 切り込んで ます。髪の毛 1本 1本 が出るような 感じての 切り込みです、一定の リズムが出来ると スムウズに 仕事が ながれていきます。

杉の木の自然な 色合いを 生かしました 丸太の 芯は 黒く 外側は 白い色 良い具合に 色があい 木目も インパクトが 有り まさに 木のトトロ 完成 です。

本日は ブラシにて 色ずけ 1番 大変なのは 色を作る 事 4色の色を 混ぜ合わせ 色をつくります、ペイントなので すぐ 乾き 上塗りがすぐに 出来 かさね 塗りが 簡単に 出来 ます、トトロは 木目が 綺麗に 出たので 影を うすく 入れ 目玉に 色を 入れただけで 終わりに しました。

チェンソー アート ログに良く あいます さりげなく 置くだけで 周りに なじみます 愛称ピッタリの フクロウ ログの丸太にあわせて 台を カットして セット します、

尻尾が付くと 可愛く なりました、外れない 用に ボンドで 固定 まず 大丈夫でしょう ほとんど すき間も なく ジヤスト フイット しました、あとは エアー ブラシで 影を 作り出し 目玉 を 入れたら 完成 です。

大きく 見せる ために 尻尾は あとずけ にしました 丁度 今回 日本大会で 講習会があり 永久チャンピョン の ブライアン の 指導で 継ぎ手の 練習をして 色んな 継ぎ手を 教えて もらい 今回 トトロの尻尾で やくに たちました、意外と 大変 沢山 経験しないと 上手く 早くは できませんが 分からない 用に 出来ました。

延々と 伸びている 防波堤 風の条件が 良いとき パラを 広げ 端から 端まで 飛んで みょうと 思って ますが 風と 休みと タイミングが合わず 今だ 飛ばずじまい ですが 又 誰でもが 飛べるわけでは ありません、条件的には まずは 海側 山側 どちらの かぜでも いいのですが 5m以上のアゲンストの風 6,7mの風が 楽しく飛べる風になりますので まずは しっかりと ライズアツプ コントロールが出来ないと テイクオフ出来ません 基本的には 0mテイクオフになりますので テイクオフと 同時に アクセル ワークが 基本ですので テイクオフしたら すぐに アクセル をコントロールしながらの フライトになります、ブレイク コウドは あまり あてないで ほとんどが 体重移動 と腕の力でライザーコントロールと左右の足を 振り子にしながら バランスを 取り 常に グライダーの 中心に 体を キープする ように コントロールしないといけません このバランスが くずれると風が強いので瞬間的にグライダーが 潰れ スピンに入る事もあります、0mテイクオフは良く練習してからでないとあぶないでしょう、 自身のない方は砂地以外では 飛ばない 方が 良いでしょう、まずは 糸島の砂地とか 奈多海岸とか 吹き上げ浜とか 奄美大島 、石垣島とか あります 北海道にも 沢山の 海岸が 有り 20km以上とべる場所も有りました、干拓は すぐ近くなので チャンスがあったら 飛びますので そのときは アップします。お楽しみに。 

形てきには こんな 感じ かなー と、木目が かなり はっきりと 出てきました、木目のトトロも 良い感じかな。

この辺では 良く 見る 風景ですが さくらや すぐ 下にも ひまわり 畑が 広がってます あるていど すると すぐに 刈り取りますので いつまでもは さいてませんが。

すごい 広さの干拓です 干拓の 中央から 左右を 見ても 畑の 終わりは 見えません トラックの荷台に 上がり 写真取りましたが、畑としては こんなに 広い 畑は 北海道にもないと 聞きました、ここの干拓で 仲間が 麦作りを してます 畑の 広さは 幅 100m 長さ500m が 1つの 畑で この広さの 畑を 10面 使って 麦作りしてます 10面を合わせると 長さ 5000m 幅 500m になります 日本1広い 畑になるのでしょう、驚くなかれ この 広さの 畑を 2名で 管理してるのです、やってる 農作業の広さもけた はずれですが
使ってる 機械も 日本製では 小さすぎて 使い物には ならないとかで全て 外国製 トラクターもでかい 普通 トラクターは 色んな 道具を付け替えて 色んな 作業が出来るように なってますが ここの 畑のトラクターは 色んな 道具を付けて  いつでも 用途に応じた 作業が出来るようにと 何台もの 大きな トラクターが いつでも 使えるようにと 並んでいます、道具を 付け替える 時間が もったいないとかで (道具を付け替える時間は1台1〜2時間かかるそうです、)
稲刈り用の コンバイン が 又 かなり でかい 運転席も ハイテクの
コクピット のように 計器がずらりと 並んでます。 1回の走行で 
7m幅の 刈り取りが 可能とか 広い畑 このコンバインを使ても 何日もかかって しまうとか、天気との 勝負になり 広い畑 刈り取りが終わるまで 休みなしとか、日本最大の 稲の刈り取りが 諫早 干拓で 毎年行われて います 日本であって 日本では ないような 農作業 それも 2人で 管理 してる。
 

Sasamemugi-Sakuraya All Right Reserved since 2010
TOPページ記事数[2342件] 1ページに10件ずつ表示
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235]