画像をクリックすると拡大

【トップ記事検索】
1年アット言うまです
人生は短いと思いつつ
今年も年越し蕎麦の
季節になりました

年越し蕎麦
予約販売 開始いたしました
12月31日に蕎麦を打ち
その日のうちに食べてもらう
 今年も頑張って
美味しい蕎麦
打たせてもらいます、

新蕎麦 打ち始めました

信州 安曇野産

無農薬 石臼引き

新蕎麦は 今だけ

美味しいものは

美味しいです。

チェンソーアート
体験 受付中です、

基本さえ マスターすれば
アート体験が
出来ます、
1作品 完成させて
持ち帰れます

全日本チェンソーアート大会
優勝 2連勝 嶋田が
指導いたします。

お尋ねは さくらやまで。

蕎麦粉は 

信州 安曇野産

石臼挽き

無農薬栽培

スープは

天然だしのみの使用。

安心して 

お召し上がりください。

2017年 定休日

毎週 月曜日、火曜日、

第1 日曜日、第3 日曜日、

第5 日曜日は、

さくらや お休みとなります。

イベントなどで お休み
することも あります。

安曇野産の新蕎麦 
香りも 強く 
味も 濃く
麺に こしもあり
新蕎麦 でないと
味わえない 美味しさです。


チェンソーアート長崎スタートさせました、月に3回講習会を開いております、興味ある方は お尋ね下さい。 

工事中でしたが OK となりました、何なりと お尋ねください。

営業時間
オーブン…AM 11:00
クローズ…PM 3:00
■オーダーストップ
PM 2:30
となっております。

だしは 天然だし 利尻昆布 枕崎産のカツオ  さば ムロアジ うるめ サバ節 時間をかけて とっただし です、そばは もちろん 信州産 無農薬 栽培のそば粉を使用しております。


リンク用バナー

細麦さくらやのおすすめ情報
今日は 佐賀のYさんから ウサギさんの 大切りカット 教わりました、大切りカットが 上手く 行くと 大体は 良い作品が 出来上がります あとは 全体的な バランス が 程よく 切れのあるアートに 仕上げないと いけまっせん 顔は やはり むずかしい 所ですが 何回か 作ると 自然に チェンソーが 削って くれます それまでは 我慢して 練習しか ありませんので 積み重ねですね 、 明日は サクラヤで アート練習 会です、雨でも 良いように テント 準備しました。いい作品が 出来ます 用に、

今年の 夏は あまり 暑いとは いえないですが 雨ばかりで 庭の草が 延びるのが はやく 草刈ばかり してるような 気がします アートも 雨よけの テントをはりながらの お仕事が 多く なりました、 雨が降ると あまり 人が こなくて 仕事が 良く はかどります いいのか 悪いのか ? 25日は 8月の アート 練習会です ちじわの Oさん ログで 予定してます、楽しく 安全に いい アイデアだしましょう。

最近 少し 小さい ふくろうさん です ちかいうちに ログハウスえと 飛んで 行くよていです。

カワセミが2匹 河原で 休憩中 の アートです 羽の力を 抜いて リラックスしてる 様子の カワセミです。

トトロの後ろ姿です 手 も 足 も 確りしたものを 作りましたので満足 してる 事 でしょう。 明日からは ログ ハウス 用の アート に入らないと いけませんが 右 肘が テニス肘で 痛く なかなか 直りませんが 病院に行っても 歳そうおう で 診察終わりです まー歳には 勝てません と 言う事かな。

出来る事は みんな しました かわいい トトロ になりました 思ったよりも 時間が かかりましたが 楽しく アートが出来ました 今日 ドングリの森えと 帰って 行きました、さくらやには もう いません。

目玉は 普段は 小さいのですが オサケビの時 とか 空を飛ぶときに 目玉は 大きく なつて 口を開いてます が さくらやのトトロは ビックリした 目玉と 口は くつろいでる時の口をしています、チョトアンバランスですが これも ありとして いい 表情してます。

顔 鼻 口 胸 なんとなく 愛嬌が有ります 木目を あわせるのが 大変でしたが 何とか 流れが 合いいました、鼻のあたりは 年輪が 綺麗に いいかんじの バランスで まとまって います、  

トトロ どんぐりの森え 返す 準備です 割れない ように 普段は 背われを入れるんですが 今回は そのまま 割れどめを 4回塗り 底を くりぬき ました 多分 割れないとは 思いますが 大丈夫でしょう、

城所さん らしい 作品が 出来ております 天地龍の 足の部分が カットされ 浮かび 上がりました 登り龍と 下り龍 足の部分も やはり 少し 違って います 内側の足は 丸太の センターを 竜巻雲が 天に伸びてる 用に カットされて その 中に 足は 隠れてる ような 設計になってます、切り込みの流れ方 も 何日も見てると 自然と 分かるような 気が してきます。出来る 出来ないは べっとして ですが。
次の アップでは 丸太の 下まで チェンソーがはいります。

Sasamemugi-Sakuraya All Right Reserved since 2010
TOPページ記事数[2342件] 1ページに10件ずつ表示
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235]