画像をクリックすると拡大

【トップ記事検索】
1年アット言うまです
人生は短いと思いつつ
今年も年越し蕎麦の
季節になりました

年越し蕎麦
予約販売 開始いたしました
12月31日に蕎麦を打ち
その日のうちに食べてもらう
 今年も頑張って
美味しい蕎麦
打たせてもらいます、

新蕎麦 打ち始めました

信州 安曇野産

無農薬 石臼引き

新蕎麦は 今だけ

美味しいものは

美味しいです。

チェンソーアート
体験 受付中です、

基本さえ マスターすれば
アート体験が
出来ます、
1作品 完成させて
持ち帰れます

全日本チェンソーアート大会
優勝 2連勝 嶋田が
指導いたします。

お尋ねは さくらやまで。

蕎麦粉は 

信州 安曇野産

石臼挽き

無農薬栽培

スープは

天然だしのみの使用。

安心して 

お召し上がりください。

2017年 定休日

毎週 月曜日、火曜日、

第1 日曜日、第3 日曜日、

第5 日曜日は、

さくらや お休みとなります。

イベントなどで お休み
することも あります。

安曇野産の新蕎麦 
香りも 強く 
味も 濃く
麺に こしもあり
新蕎麦 でないと
味わえない 美味しさです。


チェンソーアート長崎スタートさせました、月に3回講習会を開いております、興味ある方は お尋ね下さい。 

工事中でしたが OK となりました、何なりと お尋ねください。

営業時間
オーブン…AM 11:00
クローズ…PM 3:00
■オーダーストップ
PM 2:30
となっております。

だしは 天然だし 利尻昆布 枕崎産のカツオ  さば ムロアジ うるめ サバ節 時間をかけて とっただし です、そばは もちろん 信州産 無農薬 栽培のそば粉を使用しております。


リンク用バナー

細麦さくらやのおすすめ情報
リハーサル この時季は 暗くなるのが 早く 明かりを 準備してから
お仕事です。

さくらやにてチェンソーアート 切り込み中が 電波に乗り宇宙の
衛星経由にて 九州 沖縄 生放送されます、さすがNHK 少し無駄使い 
とも 思いますが 私が 心配しなくても いいか、失敗も生放送ならでは
楽しく 終わらせ ないと、私自身としては 取材とかは物怖じしない
タイプです、なぜか 楽しんでしまいます、、でも収入にはならないので
ほんの 遊び見たいな もので おわって しまいます、放送は 
12月16日 PM 6時40分です、 あと新聞の取材があるみたいですが。

春がまちどうしい さくらや です。(写真)

今年も 年越そば 予約販売 受付 開始してます

蕎麦粉は 信州 安曇野産 無農薬栽培 石臼挽き、

スープ は すべて 天然だし にて 販売します。

サクラヤのこだわりで 31日朝から そば打ちしたものを

販売いたします。

スープも31日朝から 作り 販売 いたします。

数に制限が有りますので お早めに 予約おねがいします。

南側の 梅ノ木 早くも 花が 咲き出しました

梅ノ木にしたら 温かいのかな、

さくらの木も新芽が出てきました

さくらの花も 少し 咲いてましたが

どうしたものか 分かりません。

12月12日 現在ですが 2〜3日ほっといて
掃除にかかります、さくらや最後の 紅葉になります・

こちらは 池の周り もみじの葉の ジュウタンになつてます、
早 ほとんどが 落ち葉となりました、 
毎年見てますが 自然のサイクル なるべく こわさない
ように そのままに。

雨どいも すき間なく 落ち葉にて せんりょうされてます。

イチョウの葉が ジュウタンの用に ふりつもっています、
屋根の上にも 強い風でも 吹かないと いつまでも
このままです。

紅葉はとても 綺麗ですが 全て 落ち葉になり 落ちて来ます
今からの 季節は 暇なときは ほとんどが 落ち葉の
掃除になります。

たいへんだ。

さくらや 南側になります、今が紅葉1番綺麗な さくらやです、

今年は チェンソーアート、イベントの方がかなり 忙しく 
お店も 良くお休みしまして ご迷惑おかけしました、

今年度の イベント、大会は おかげさまで 無事に 

全て終了いたしました、有難うございまさた。

今年も 残り 少なくなりました 元気に 乗り切りましょう。

Sasamemugi-Sakuraya All Right Reserved since 2010
TOPページ記事数[2342件] 1ページに10件ずつ表示
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235]