画像をクリックすると拡大

【トップ記事検索】
蕎麦粉は 

信州 安曇野産

石臼挽き

無農薬栽培

スープは

天然だしのみの使用。

安心して 

お召し上がりください。

2017年 定休日

毎週 月曜日、火曜日、

第1 日曜日、第3 日曜日、

第5 日曜日は、

さくらや お休みとなります。

イベントなどで お休み
することも あります。

安曇野産の新蕎麦 
香りも 強く 
味も 濃く
麺に こしもあり
新蕎麦 でないと
味わえない 美味しさです。


チェンソーアート長崎スタートさせました、月に3回講習会を開いております、興味ある方は お尋ね下さい。 

工事中でしたが OK となりました、何なりと お尋ねください。

営業時間
オーブン…AM 11:00
クローズ…PM 3:00
■オーダーストップ
PM 2:30
となっております。

だしは 天然だし 利尻昆布 枕崎産のカツオ  さば ムロアジ うるめ サバ節 時間をかけて とっただし です、そばは もちろん 信州産 無農薬 栽培のそば粉を使用しております。


リンク用バナー

細麦さくらやのおすすめ情報
会場に 展示してあった NBC の コマーシャル カー 世界の バピー 助手席にのってます。

2日 夜まで 風は やまず 夜はバーナーだけの イベントになりました が パイオニア 主催の 音楽が 透き通るような 素晴らしい 音をだしてました ひさびさに 良い音の 音楽が みみに入りました さすが 世界の パイオニア。

鹿児島 の 大会が終わり 佐賀 バルン 移動 バルンの大会は 朝早く 6時30分には 大会スタートします 1回目は 8時ごろには 終わるのが 普通です 暗いうちから 準備しないと 2日は 風が強く AM,PM,大会は 中止になりました、 隣のキヤンパーは トトロ のキヤンパーでした、 

オブゼを 作る 大会が あり この作品は 優勝作品でした。

大型の くわがた アートの町 栗野です。

11月1日 あいにくの 雨 でしたが チェンソーアートの大会は 雨の日でも 普通は中止になることは ないので 作業が出来る テント 持参で 何時も 大会には 持って行ってますが、朝8時ごろは 大雨でしたが 大会が 始まるころには 雨も やんで 昼には 太陽も 出てきて アート日和 鹿児島のカーバーの方は 彫刻家の先生の 指導を受けているのだと 思いますが 少し 私の考えとは 違う ものを アートされる方が 何人も おられました 今度 私も チヤレンジして 見ようと 思っています、 来年ですが 11月 栗野町で 日本大会が 開催されます 皆さんで 力を合わせて 今準備段階です 今回も鷹取にも視察にも来られました、のぼりの旗も たくさん 出来ており ビックリするほど でした、今回 日本大会をする会場での大会でしたが 晴れると 桜島が 見えて景色も とても 良いと聞きましたが今回は 雲があり 桜島は 見えませんでしたが 山の上の 草原です 近くには 温泉もあり 疲れを取るのにも 最高な 所でした。 栗野の皆さん 大変 御世話になりました、ありがとう ございました、ちかいうち 又 遊びに 行かせて もらいます。

高取山の大会の時に 鹿児島県の 栗野町の役員の方が 2名 見学ににこられてました 鹿児島でもチェンソーアート大会 11月1日にすると の 事でした これは 行かねばならぬ と思い 連絡を取りましたら 是非来てくださいと 言うことになり 参加 させて もらいました 町を上げての 秋祭り この町には 霧島森のアート と 良いまして 有名な彫刻家の先生の作品が 展示してあります 環境も良いところで 皆さん フレンドリーな方ばかりでした 変な人が 1人でもいると 不愉快になりますが 役員の方も 地元の方も 本当に いい方ばかりでした 楽しく 自由に 削る事ができました。

特に この米は 干拓で 取れた 米は 温かい 時よりも 冷えてる時のほうが 甘みがまし よりおいしくなると 言う米です、稲刈りも終わり 田んぼも 休憩にはいりました。

いよいよ 稲刈りも終わりに ちかずきました やはり 新米は 美味しい まだ お腹には 入ってませんが 取れたら 近所の方が 持って来てくれます ありがたい ものです。

最後に 集合写真 なんと 右に ブライアン 左に 栗田さん 俺が 真ん中で 良かったのかと 写真を見て 思いましたが もう 終わったことなので 前え 前え 駆け足 駆け足、

Sasamemugi-Sakuraya All Right Reserved since 2010
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205]
TOPページ記事数[2045件] 1ページに10件ずつ表示